秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花見
武琉氏とB_LUCK(以下よりゲッティー)と共に、花見へ行って来た。

平日だというのに、結構人が多いもんなんじゃのう。

取り敢えず、殆ど家族連れじゃな。

午後1時にわしが2人を迎えに行き、車に乗せて山へって所かのう。

丁度満開で、一番見ごろじゃったな。

ひらひらと舞う桜の花が地に落ち、地面が鮮やかな薄桃に染まる儚くも美しい風景は、まさしく日本人の心とも言える。

自然景観というのは、こういう事を言うんじゃろう。




まあ、それは良いんじゃが。

個人的には、静かに桜を眺めたかった。じゃが、悲しきかなそこは観光地。

流石に酔いどれ集団が騒いでいた訳ではないが、聞いたことも無いような演歌を永遠と垂れ流していた。管理している人達が、雰囲気造りでもしたかったのかどうかは知らんが。

正直に言って、上で語った感情がどんどん薄れて行くほどに耳障りじゃったな。

取り敢えず、わしが買ったたこ焼きとゲッティーが買った焼き鳥を食いながら、桜を鑑賞。

出したゴミはちゃんと持ち帰った。まあ、最低限のマナーじゃな。

さて、その後はというと。

川へ行き、石を割っていた。

……残念ながら、比喩表現でも何でもない。言葉通り。

んーとのう。武琉氏が、天然の石。どちらかと言うと水晶とかに近いあれじゃな。ああいうのに嵌っているらしく、実際に自分で削り出そうとか言う事らしい。

こういうアクティブなところは、流石に武琉氏という所じゃな……

以前も一人でやり、次はゲッティーを連れ、今回はわしも参加と。

水晶が埋まってそうな石を見つけ、それを道具で割る。

まあ、傍から見たら「何この集団?」としか思えん。

20代の男3人が、金づち片手に石を割ってるんじゃぞ。いろんな意味で怖いな。

とは言え、石を見たからと言って何の感情も湧かないわしにとって、綺麗な水晶や宝石が出て来てもまず分からん。

適当にそれっぽい石を、適当に砕いて、2人に渡してた。

2時間くらいは居たかのう……

終盤はかなり飽きてきた。疲れてきたのもあるしな。

武琉氏達が良いと思った石を、バケツに入れて今日は終わり。

なんだかんだで楽しかったが、別にまたやりたいという感情は無い。

取り敢えず、わしの時間が合わんので3人で遊べる日が無いからな。久しぶりに3人揃って遊べたし、よしとしよう。

さて、明日からはまた仕事じゃ。ちなみに早番なので、6時起きか。ってことで、今日は10時には寝る積りじゃ。
ってことで、寝る。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/960-5edb0156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。