秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何にもして無い
いやほんと、何もやって無いな。

ふらーりとMHFに入って、気が乗ったら小説書いて、後はぐだーっと一日を過ごした。

そいや、姉が読み終わったから貸してあげる、と以前借りて読んでいた小説の短編集を渡されてな。

本編は完結しているので、外伝的な内容じゃな。

『聖獣王の花嫁』って小説。

取り敢えず渡されたので、んじゃあ読んでみるかと言って読み始め、2時間後に返却するというオチが付いて終わった。



いや、単に読み終わっただけじゃ。

200頁強くらいしか無いからな。

難しい表現も無ければ、詳しい描写もあまりない小説なので、文章量はさほど多くない本なんじゃよ。

じゃからまあ、読み始めたらさっさと終わった。

何か後付け設定っぽい内容だった気がしないでもない。

本編中で一切触れられなかったことを書いてあるが、それにしてもこのキャラを何で本編に出さなかったのか謎なくらいなんじゃが。

いや同じ存在はいるんじゃろうが、あまりに本編中の扱いが空気だったので、どう見ても後付けにしか見えんな。

んーまあ、面白かったのは面白かったので、これはこれで良いが。

さて、明日は何をしてるかのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/938-ad779909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。