秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
新・消臭剤
車用の新しい消臭剤を渡された。

……まあ、わししか使ってないから、わしの臭いが籠るのは仕方ないんじゃがな。

なんか知らんが、家族で出かけるとかいうと、大体わしの車を出す破目になるからのう。
家の家族、全員免許も車も持っているんじゃが……

じゃから乗せると喧しいぞ。横や後ろで文句言うなら、自分の運転で行けと言いたい。

そんな訳じゃから、消臭剤を乗せておけと言われる訳じゃ。

前も置いてあったが、完全に使い切ったので捨てた。



前使ってたのは、なんかいかにも「煙草の匂いを消臭剤で誤魔化してます」、と言わんばかりの匂いがしてな……

よく灰皿の中とかに入ってる、匂いのキツイ芳香剤の匂いがしたんじゃよ、要するに。

この車、完全禁煙車なんじゃがのう……
灰皿がある場所には、最初から小銭入れか単なる飾りとして機能する様に作られているようで、購入当時から煙草厳禁を表すシールまで貼ってあったりする。

まあ、元々展示用に使われていた新古車じゃからな。因みにしっかり小銭入れとして使ってる。

話はそれたが、その消臭剤が臭い臭いと文句を垂れ流したら、じゃあ今度はコレと、タグにしっかり『無香料』と書かれた消臭剤を渡された訳じゃ。

……取り敢えずありがたく受け取っておこう。思い出し次第、車に入れてくる。

車に乗り込む時、忘れなかったら持っていこうってくらいじゃな。

別に個人で乗る分には、自分の臭いじゃから気にならんしな。

んー……今思ったが、これ微妙に幅広いな……置ける所あるんじゃろうか……?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/868-788df9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック