秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Why were we there back to back?
地味に進めてたり、時間があるときに一気に進めたりしたせいか、2週目TOVもラストダンジョンを残すのみとなっていた。

しかしまあ、2週目になると、戦闘も楽しくなるな。

基本的にユーリしか使ってないんじゃが、スキルが整うと驚くほど楽しい。

2週目特典である、「スキル消費1」ってのを付けてある為、全てのスキルを消費1で付けられる。じゃから有効なスキルを、片端から付けているんじゃ。

するとどうじゃろう、技が繋がるし消費も気にならんしで、結構好きな様に繋げられる。

基本的にコマンド入力とか苦手なので、動画に載っているような連携とかは出来んが、下手のわしでもある程度繋げられるくらいじゃからのう。



テイルズに慣れ親しんでいる人なら分かると思うが、通常攻撃→特技→奥義の流れで攻撃するのが基本じゃ。

しかしスキルが増えてくることにより、スキル変化技というのも覚え、現在わしの使っているユーリの連携は通常攻撃→特技→奥義→特技→スキル変化技→スキル変化技→奥義→場合によりバーストハーツ。という流れで持っていける。

ついでに、ダメージ1という、与えるダメージの全てを1にするというスキルを付けることによって、いくら攻撃してもそうそう敵が死なない状況を作る。

すると、TOVならではのシステム、フェイタルストライクが更に生きてくる。

フェイタルストライクは、術技で耐久値が減ると出る紋章で、その紋章が出ている間に右のトリガーボタンを押し込むと、HPがいくら残っていようとも瞬殺出来るというシステム。

前記した連携で耐久値を減らして、フェイタルストライクで止めを刺す。やってて結構楽しいぞ。

フェイタルストライクを決めると、HPとTPが回復するスキルも付けているため、技も出し放題。

好き放題技で連携させてから、フェイタルストライクで終了。爽快感も結構あるしな。

そんな訳で、小説書き忘れてる阿呆が此処に居たりする。川orz

いやまあ、気分転換だったつもりが、いつの間にかやりこんでた……

……明日はしっかり更新しよう。


さて、因みにタイトルの「Why were we there back to back?」とは、北米版TOVのOPである「Ring A Bell」の1節。曲は同じじゃが、歌詞だけ英語って歌じゃのう。

日本版だと「鐘を鳴らして」じゃな。こちらだと「光は影の」と歌っている場所じゃ。

北米版の和訳は知らん。英語は天敵じゃ。
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりですベオさん☆もう二周めクリアに近いんですか!
凄いですね(>д<)
僕なんてまだテムザ山ですよ(^.^;
料理熟年度上げつつレベル上げもやっていたので必須である38レベルを上回って現在46レベルです(苦笑)

それにしても、二周めは色々楽しそうですね!
僕も早くクリアせねば!
2008/10/28(火) 09:19:22 | URL | 時月 潤夜 #-[ 編集]
料理熟練度か……中々上がらんよな、あれ。

わしがクリア早いのは、一度見たスキットとか飛ばしておるし、流れも覚えてるからじゃな。

まあ、さっさとクリアして2週目やってみることを進めるのう。
特にテイルズは、2週目特典があれば色々遊べるからな。

しっかし、好きなキャラは操作したいのでジュディスを使おうと頑張っているが、テクニカルすぎて難しいな……
ユーリも好きなキャラなので、それはそれで良いんじゃが。
2008/10/28(火) 21:57:16 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
ですかね!
頑張ってみます♪


ジュディはなかなかいい技ありますが動かし辛いですよね(^o^;
僕はもうユーリで通しちゃってます♪

まだまだユーリ好き熱が冷めません\(^O^)/
2008/10/28(火) 23:14:30 | URL | 時月 潤夜 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/779-938e92ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。