秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
光明が……いや、そうでもないか……?
PCに向かってると、随分雑念が入るお陰で考えがまとまらんが、何故か職場で考えると以外話の流れが出来てくる。

はて、何故じゃろうな?

お陰で、昨日PCの前で唸って唸って、結局進まなかった所がすんなりと埋まった。

ついでに、今後の展開の大まかな流れが、より固まってきたので、大分楽になりそうじゃ。


んでまあ、1日分は余裕で更新できる量は書けたんじゃが、今日は別な報告があって小説更新を先送りにした。



最近、ファミ通文庫出版の『モンスターハンター 魂を継ぐ者』という小説を読んでいる。

5巻完結で、今日4巻まで読み終えた。

5巻は近場に売っていなかったので、数箇所本屋を回って探そうかと今思ってる。

勿論この小説は、わしらが嵌っていた『モンスターハンター』の小説版じゃ。

ゲームは現実世界により近いように作られているが、ゲームだけあって物理的に不可能な現象も多い。
しかしこの小説は、そういう部分も随分現実に近いように描写されてあるので、また違ったモンハンを楽しめる。


まあ、それは取り敢えず関係ないので置いておく。

今日その4巻目を読破した後、何となく一番最後の頁に目を通していた。

そこに書かれていたのは、小説応募の要項じゃった。

『えんため大賞』というらしい。
書いてあることは、基本的に他の出版社と変わらんな。

ただし、わしの目に写ったのは応募枚数の部分じゃった。

原稿用紙250枚~500枚。

わしが今迄出そうとしていた出版社は、250枚~350枚。
この規定に収めようと頭を悩ませていたんじゃが、その規定を大きく上回る上限枚数。

これを見た瞬間「コレだ!!」などと、心の中で叫んでいる自分がいた。

ただ、元々出そうとしていた場所は、そこに出したかったからそこを選んでいた訳なんじゃ。
つまり、限度が大きくなっているとはいえ、他の場所に出すのは気が引ける。

しかし、O・Hが完成して明らかに350枚を越えている場合が、大いにありえる。はみ出してしまった場合に応募する場所として、十分考えても良さそうじゃ。



んー……じゃがのう。この出版社の受賞作品を見てると、何かこう「癖」がある小説ばかりなんじゃよな。
奇を衒っているというか、ベクトルが違うというか……

ともかく、一般的に多い物語とは毛の色が違う作品が多い。

さて、それを考えて自らのO・Hを振り返ってみる。

……ひっじょーーーーーに、よくある作品じゃな。

特殊能力を使った異能バトルで、冒険物。はっきり言って、誰でも考え付きそうな内容には間違いない。

まあ色々と設定は付けてあるので、まるきり同じではないが、ジャンルでまとめれば大差ない。

早い話が、平凡。

……元々自信ないのに、余計凹んできた。そろそろ止めておこう。

書く気力失せる……
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです☆
最近更新凄く頑張ってますね\(^O^)/
お疲れさまです!


平凡でくくっては僕も一緒ですよ、ファンタジーで似た感じですし(苦笑)
それでは王道のテイルズでさえも、ベオさんがいう所の『平凡』の枠組みに当てはまってしまうじゃないですか!
自分の作品に平凡なんて言っちゃ駄目です!
誇りをもたないと(^-^)
自分の作品を一番に愛し理解する事ができるのは、やはり自分でしかないのですから!

僕はベオさんのO・Hは個性のある作品だと思いますよ!
二つの心臓なんてよく思いついたなぁと感嘆しましたし(^-^)


お互い頑張りましょうね!
2008/10/06(月) 06:43:07 | URL | 時月 潤夜 #-[ 編集]
いや、実際テイルズもそれで言ったら平凡で括れるからのう。
剣と魔法のファンタジーじゃし、まあ平凡そのもの。


二つの心臓ねぇ……

特殊能力が使える→なぜ使えるか→精霊とかそれに類するものの加護がある→魔法じゃないから却下→じゃあ身体の中に別な動力炉がある→これで良いか。

で、心臓が2つになった。後は肉付けしただけ。

取り敢えずまあ、その「えんため大賞」に出すには、王道的なファンタジーでは通りそうに無いんじゃよ。受賞作品は殆ど設定がぶっ飛んだドタバタコメディー系が多くてな。
じゃから元々出したいところに出せるのが、一番良いんじゃ。

しかし……誇りねぇ……。
まあ、無理じゃ。人から受け継いだものには誇りが持てるものの、自分から出すものには誇りが持てん。
2008/10/07(火) 04:50:40 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
うーん、何だか寂しいですね……
そういわれては形無しです(苦笑)


そうなんですか。
やはり価値観が違うのでしょうねι
何だか残念です(-_-;
2008/10/07(火) 06:02:52 | URL | 時月 潤夜 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/746-3bb5aa9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。