秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武琉氏から託された
例のゲームは、ハードがPS2ではないので、PS2は茶の間に姉などが使うようにと置いてある。

ついでに武琉氏から託された、「みんな大好き塊魂」というゲームも一緒においておいた。

わしはまだやってる暇が無いので、このゲームが好きな母親がやるじゃろうと思ったからじゃな。
そうしたら、早速母親がやっておったんじゃよ。

塊魂というのは、もう『超』が付くほどの万人向けゲームで、やることが非常に単純。

ただ「何でも巻き込める」塊を転がして、その辺に転がってるものを兎に角無作為に巻き込むというゲーム。

ただ巻き込めば良いという訳ではなく、自分の持っている塊よりある程度小さくないと巻き込めないという設定がある。
しかし、周りのものを巻き込んで塊を大きくすれば、巻き込めなかったものも巻き込めるようになる。

とは言え、特に難しいことを考えなくともよく、巻き込めるものを巻き込んでいけば良いんじゃ。

でかくなると、その辺りに居る人間も巻き込める。

まあ、世界観は完璧破綻しておるが、そこは深く考えない方が良いな。考えるだけ無理があるゲームじゃし。


確かこれは2作目じゃったかのう。

昔近場のおもちゃ屋で、塊魂1作目の体験版が配布されておったんじゃよ。
それに目をつけた武琉氏が、貰ってプレイしてみたところ、非常に面白いというので、それに巻き込まれる形でわしも体験版を貰ったんじゃ。

実際にやってみると、これが意外に面白く、随分と嵌った。

その体験版も良く出来ててな。
プレイ出来るステージは1つだけなものの、BGMは複数ある曲がランダムで流れ、慣れや腕によって作れるサイズが大きくなり、体験版なのに妙なやりこみ感があったんじゃ。

その体験版の中で、どれだけ塊を大きく出来るかが楽しくてな。

最終的に、目標サイズを遥かに越えたサイズを作ってたのう。

とまあ、そういう経緯もあり、一時期わしもかなり嵌ってた。

武琉氏もこういう万人向けゲー好きじゃしな。まあ、あの人の場合、灰汁が強すぎる「王様」って登場キャラが好きという理由もある気がする。

操作性も結構簡単で、左右のスティックを動かしていれば良いという単純さ。
塊魂にはPSP版とかもあるんじゃが、そっちはボタン操作になっていたのでかなり難しくて、やる気がでなくなったのう。

やたらノリは良いBGMも流れるので、気晴らしとか暇つぶしには丁度良いゲームでもある。


母親がやってるついでに、少しだけわしもやってみたが、はやり面白いな。

飛びぬけた秀作ではないが、どこか昔のゲームを思い出すようなゲームじゃ。
気が向いた人は、やってみると面白いかもしれんな。

まあ、わしはしばらく例のゲームで忙しいから、しばらく手は出さんけどのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/731-00c914f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。