秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトバス『Refrain』まで到達
ゲーム感想の前に、久しぶりの職場に関して。

まあもう3年近くおるし、今居る工程も大分慣れてきている為、何の問題もなく終了。
ただ長く休んだってだけじゃしな。今更変わりようも無いか。

という事で、普通に行き、普通に仕事を終え、普通に帰宅。

帰って即行、リトバスこと『リトルバスターズ!』開始じゃったのう。

葉留佳ルートの終盤、これから最も盛り上がる場所手前で止めてあったからのう。下手に進むと、止まらなくなるので、ギリギリの場所で終えていたんじゃが。

以下より、個別ルート感想に入るので、ちょっとばかりネタバレ入るかのう。


リトバスの発売元「Key」は、全ヒロインルート終了後に、ラストシナリオを出すのが定番となっているらしい。

リトバスもその例に漏れず、全シナリオを終えてから『Refrain』というシナリオが出る仕組みとなっている。

わしは今、やっとこの『Refrain』まで到達した。到達しただけで、まだ目は通していない。

『Refrain』をクリアしなければ、リトバスを語れないという程に、この物語の主軸たる『謎』が解明されるシナリオなんじゃと。

それはさておき、純粋に個別ヒロインの簡単な感想でも。『Refrain』はクリアした後に書こうかとな。
まあ、既にネタバレサイトとか先に漁ってるので、謎である「世界の秘密」が何なのか知ってるんじゃがな。



1人目『神北 小毬(かみきた こまり)』
通常のキャラだと、悲惨キャラ。自爆したり、無駄に巻き込まれたり、弄られたりなどなど、扱いが酷い事が多々ある。まあ、眺めていて楽しいキャラじゃったな。
簡単に説明すれば、天然ボケキャラじゃったな。
個別ルートに入ると、このキャラ小毬は「壊れる」。
Key作品には多いと聞くが、ある一定超えると鬱展開が続くのう。中盤辺り、結構辛かった。
にしても、「致してるシーン」がBAD ENDだけって言うのが、流れ的にも非常に残念。鬱過ぎる……


2人目『能美 クドリャフカ(のうみ くどりゃふか)』
ロシア人と日本人の血が入ったのクォーターで、完全なるロリキャラ。メインヒロインたる鈴を表す言葉が『猫』なれば、クドリャフカは『犬』。
眺めていて憎めない性格と、「わふ~」という口癖が特徴で、ある意味和みキャラ。ロリコンほいほい。
見た目に反して、個別ルート入ったらこのキャラも鬱展開ぶっちぎり。BAD ENDでもHAPPY ENDでも、鬱々とした展開じゃったな……
鬱苦手、ロリ苦手と、わしにとって最難関たるキャラじゃった。うむ。
いやー辛かったのう……日常会話でのキャラでなら、比較的好きな方ではあるんじゃが。


3人目『西園 美魚(にしぞの みお)』
読書好きで、常に日傘を手放さない日陰少女。存在感が希薄で影も薄く、常に傘を持って居ることから「カゲナシ」という蔑称で呼ばれている。
大人しいキャラじゃが、日常会話ではさらっときつい事を無表情で話すため、色んな意味で恐ろしい人。わしはまだそこまで行っていないが、ミニゲームでは『NYP(なんだか よくわからない パワー)』を持ち、別な意味での最強キャラ。
個別ルートに入ると、何故傘を手放さないのか答えが出る。詳しく説明すると長いので止めるが、個人的に今一じゃったのう。というのも、「結局このキャラ(美魚の事ではない)は、何故存在したのか」というのがさっぱり分からんかったからじゃな。どっから来たの? って所か。
まあ、そういうものなのだと深く考えなければ良いのかもしれんが、どうも納得できん。



4人目『三枝 葉留佳(さいぐさ はるか)』
何を考えているのか、実際何も考えていないのか、脈絡なく変なことを良い、暴走する騒がし担当。
自ら騒ぎを起こし、その中で喜んでいるようなキャラ。常に言動が謎。
風紀委員と度々問題を起こし、しょっちゅう逃げ回っている。
風紀委員長である『二木 佳奈多(ふたき かなた)』と深い事情があり、常にいがみ合っている。
個別ルートは、個人的に最も好きじゃな。唯一今のところ、泣けた。てか、葉留佳より佳奈多の株が急上昇。
もう中盤辺りから、佳奈多に傾きかけてたわしがいる。んーまあ、このキャラが取った言動も、今一分からない所あるんじゃが、終盤の佳奈多が自らの事を話すところで泣けたしのう。
ふむ、ここで18禁版を選んで良かったと思う。
一般向けの方だと、佳奈多は攻略不可能のサブキャラ扱いじゃったからな。18禁版であれば、『Refrain』クリア後に、攻略可能になるそうで。有名なツンデレキャラではなく、どこまでもツンツンなキャラだと聞くが、どうなのやら……
って、葉留佳の感想じゃないなコレ……


5人目『来ヶ谷 唯湖(くるがや ゆいこ)』
全てを知っているような言動を繰り返す、お姉さんキャラ。とは言え、主人公たちと同年齢。てか、誕生日が3月と早生まれなので、年齢だけで言えばむしろ下なのかもしれん。
あらゆる事柄に対して何でもこなし、神出鬼没で先回りしたり、戦闘能力高かったり、頭もとんでもなく良かったりと、超人並みのスペックを持つ。敵に回したらこの上なく恐ろしい人。
個別ルートに入ると、何か普通の純愛物っぽいルートになり、完璧ラブコメ化してたな。特に男連中の暴走っぷりが最高に楽しかった。
ただ感動系ではなく、『Refrain』をクリアしなければHAPPY ENDを見れないという、悲しい終わり方する。ここが残念で仕方ない。じゃからさっさと、『Refrain』クリアせねばな。
世界の秘密に、唯一気付いているヒロインキャラなせいなのかもしれんのう。
意味はあるんじゃろうが、別ヒロインの個別ルートに入ると、なぜか姿を見せなくなるし、真っ先に携帯が繋がらなくなるんじゃよな。


6人目『棗 鈴(なつめ りん)』
今作品のメインヒロインで、『Refrain』は真鈴ルートらしい。
クドリャフカのところで前記したが、『猫』という形容詞が付けられるほどで、更には大の猫好きで、猫のような言動をとる。人付き合いが苦手で、昔からの友人である主人公たちとしか馴染めないが、少しずつ他の女キャラ(別ヒロイン)と仲良くなっていく。
このリトバスという物語は、主人公である『直枝 理樹(なおえ りき)』とこの鈴が成長する為の物語だそうじゃ。
個別ルートは、まず最初に鈴ルートに入ると、恋人になったって所付近で強制終了する。
さらに他ヒロインも全てクリアして、一番最初から進めなけば、鈴ルートに入ることが不可能となっているなど、リトバス唯一と言って良いヒロイン。
しかしその鈴ルートに入っても、最終的に行き着くのはBAD ENDじゃった。鈴ルートは、今までは最も頼れる人間が、立ちはだかるためのシナリオじゃったな。
この立ちはだかる人間が、鈴の兄である『棗 恭介(なつめ きょうすけ)』なんじゃが……良いポジションじゃよな……何の思惑があるのか、何故こんなことをするのか、全ての謎を孕んだ最強の敵。果たして、『Refrain』ではどのように語られるのやら。

このゲーム、男キャラが魅力過ぎて困る。

ともあれ、明日の楽しみとして、今日は寝よう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/703-1ecb12f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。