秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
TOV現時点感想その2
感想の前に。

針治療に行ってきた。

行った場所は、もう何年も前に、よくお世話になっていた先生の病院じゃ。
年齢一桁の頃に右手親指を切り3針縫ってもらい、中一の頃に左手人差し指を1針縫ってもらい、同じく中一の時に右足を5針縫ってもらった。
まあ何度もその時は通ったからのう。

久しぶりに入ると、全く変わらんな。結構小さい所じゃからな。
保険所を見せると、受付の人は覚えていたらしく「昔来てませんでした?」と言われる。結構皆覚えているもんじゃのう。

実際の効果の程は、まだ分からんが・・・・取り敢えず気長に待つしか無さそうじゃのう。



さて、TOVキャラ感想の続きか。

リタ・モルディオ。
とんでもないブラスティアオタク。まあオタクってか、技術者か。
ブラスティアに深い愛情を持っており、それ以外はどうでも良い人間。
後々は、エステリーゼと関わりどんどん心境が変わっていく。最初と後では大分異なるな。
最初は何にも臆しないキャラじゃったが、話が進むと幽霊が苦手だったりと少女らしい一面も見せる。
ブラスティア以外の事となると、取り敢えず術でぶっ飛ばす。

ジュディス。
結構テイルズでは珍しい、お色気お姉さん。露出が高い服と、言動がまさにそれ。
性格はサバサバしているところがあり、しっかりと目的を持って考える。自分のなすべきことを見失う事が多々あるエステリーゼなどを、厳しい言葉で叱咤する。
何となくジュディス姐さんとか呼びたいキャラ(年下じゃが)。
個人的に今回最もお気に入りの女性キャラ。お色気担当は本来あんまり好きではないんじゃが、何か気に入った。
てかのう、年下なんじゃが、年下な感じしないんじゃよな。


謎のおっさんレイヴン。
ジュディスを筆頭に女性キャラに絡んだりするエロオヤジ的な位置づけ。
軽い口調で、行く先々でひょこっと出てきては、いつの間にか居なくなる。
ある程度進んでいくと、かなりの人物だと知ることが出来るが、今回極力ネタバレ避けておるので、特には言わん。
貶され担当の、にぎやかキャラ。


さて。大体こんな感じかのう。

今はもう、7割くらい終わったところじゃ。
全イベントすっ飛ばしてストーリーだけ見ているお陰か、進みは速いが・・・・・もうちょっと色々と楽しめそうじゃな。

多分戦闘も、やりこめばかなり動かせるようになるんじゃろうが、わしには無理かのう。

そういえば、回復キャラがエステリーゼしか居ないと書いたが、あんまり役に立たないと思われたカロルが意外に回復担当として役立ってくれている。
更にはレイヴンも回復スキルを持っており、一々詠唱をしないと回復してくれないエステリーゼより、使いようによってはかなり便利。
スキル整えれば、ユーリも回復スキル使用可能。飽く迄補助的スキルではあるがな。

ただ難点は、エステリーゼもそうなんじゃが、HP回復優先ってのにしておくと、少し減っただけで大量のTP消費して回復させようとしてくるのが、ちょっと厳しいかのう。
まあエステリーゼに至っては、一人だけHPが少し減ってるだけなのに、全体回復呪文唱えてくるしな。


もう少しでクリアできそうな気もするし、早くどうなるか見たいもんじゃのう。
明日は用事あるので、あんまりやってられないんじゃがな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/692-5227be17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック