秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マナケミア2 ロゼリュクスシナリオクリア
大体33時間強って所じゃな、プレイ時間数。

2人の主人公な上、章も1より少なくなっている事から、20時間くらいでクリアするのではないかと考えていたのが甘かった・・・・・

現状でやれること全部やってたからかのう。

シナリオも、システムも、アイテムも、全てが2人の主人公をどちらもクリアするように作られているみたいじゃなこれ。

こっから下は、ネタバレ含むことを前提に書くので、読む場合注意。間違って読んで知りたくない情報を得てしまったからと文句を言われても、わしは責任を持たん。

・・・・まあ、そんな阿呆はおらんと思うが。








男の主人公であるロゼリュクスは『光のマナ』側で、女の主人公ウルリカは『闇のマナ』側になるらしい。

光のマナとか言われると、闇に比べて「善」や「正」のイメージ強いが、この物語の場合逆な感じじゃな。

光のマナは人間との共存を望んでおらず、闇のマナは共存を望んでいる。

この光のマナは、『マナをマナの世界へ還す指輪』を一部の人間に渡し、マナを狩らせている。

ロゼはこの指輪を、ルゥリッヒという謎の男から渡される。

闇のマナは『人間の少女がマナを立派に育て上げる事が出来たら、マナをマナの世界に戻す事を止める』という約束を光のマナと交わす。

ウルリカはそのマナが入っていると言われた石を、闇のマナから託される。


ウルリカシナリオは、まだ始まった所なのでまだ分からんが、大体こんな感じらしい。ロゼシナリオで語られたところだけを見るならな。



さて、ロゼシナリオのパーティーメンバーの詳しい説明でも書いてるかのう。

ロゼメンバーは、比較的攻撃的なスキルが多い気がする。逆に回復スキルに乏しい。


主人公こと、ロゼリュクス・マイツェン。

愛想が悪く、積極的に動く人間ではない。しかしなんだかんだで面倒見が良く頼りになることから、ことあるごとにトラブル(主にパーティーメンバーが引き起こす)に巻き込まれる。
暴走しがちなパーティーメンバーに振り回され、冷めた口調で突っ込みを入れるが基本意味が無く、最終的には一番苦労する人。

個人的には結構好感なキャラクター。
と言うのも、物事に対しての反応がわしと似る時が多々あるため、妙に親近感沸いた。まあわしは、ロゼほど面倒見は良くないが。

戦闘能力に関しては、指輪から発せられる光の剣で攻撃するため、全ての攻撃スキルに光属性が付属している。
タイムスフィア設置型(回数分、使用者のターン関係なしに自動発動するスキル)や、範囲の強力攻撃、敵のHPや耐性弱点を調べるアナライズなど、優秀なスキルが揃っているため、流石に主人公足るべき性能を誇る。
ただしSP(消費でスキルを使用するポイント)最大値が比較的少なく、下手に連発すると枯渇し易い。待機に回してSP回復しようにも、何気に使い勝手が良いため後ろに回しづらいのでSP難になる場合が多々ある。
魔法攻撃力も、しっかり上げていけば高くなるので、コモンスキル(装備品に宿っている魔法スキルで、装備すると使用できる)も期待出来る。
単体の強力攻撃スキルもあるが、SPが一気に7~8割消費する割りにはダメージがさほど高くなく、使い勝手は微妙。
とはいえ、他のスキルが優秀な為、火力は高い。




リリアーヌ・ヴェーレンドルフ

ツンデレお嬢様。使用人であるロゼのことが好きで仕方ないのだが、本人に直接思いを伝える事が出来ない。基本的なツンデレスキルはほぼ標準装備。
きっとロゼも自分のことが好きだと信じているため、ロゼから告白させようと様々に画策する。しかし全て失敗に終わり、大体自滅して自己嫌悪に陥る。
妄想癖が強く、一度暴走するといろんな意味で止まらない。
戦闘能力は無いので、契約している水のマナ『ウィム』が変わりに戦う。

取り合えずロゼは、リリアとくっ付くのが一番自然なのではないかと思うな。様々な理由から。


ウィム
ヴェーレンドルフ家と代々契約している水のマナで、寿命は無い為見た目は非常に若々しい女性だが結構長く生きてる。
とはいえ生きてるだけで、年上な感じは一切しない。よくリリアをからかって、怒られる。
自分の契約主であるリリアのメイドを、趣味で行っているが、メイドとしての能力は無いに等しい。それ故か、扱いが不遇。
リリアから、スキルを強化する名目で変な薬品やら液体やらをかけられ、塗られ、飲まされ、挙句に注入され影で凹んでる。
人間ではなく水のマナなので、本質は水と同じ。温度変化に敏感で、寒い所だと凍り、熱を含ませれば湯たんぽ代わりになるという便利体質。

個人的に近作一番気に入った女性キャラ。
・・・・・なんか最近、扱いが酷いキャラに限って気に入るな。


戦闘能力に関しては、水のマナだけあって全ての攻撃スキルに水属性が付いている。
広範囲の攻撃が多く、とても優秀な広範囲タイムスフィアスキルを持つため、戦闘能力はかなり高い。このスキルを出しておけば、その内勝手に敵が死ぬ事もしばしば。とは言え、一気に高ダメージをたたき出すスキルに乏しい。
SP最大値が高く、消費も少ないため、滅多な事が無ければ枯渇する事は無い。そして通常攻撃が魔法属性なので、物理攻撃力とは無縁キャラ。
ただし、水属性耐性を持つ敵には全スキルの威力が減少するので、極端に戦力が落ちる。そのため、別属性のコモンスキルを覚えさせる必要がある。
魔法攻撃力が高いので、コモンスキルもかなりの威力を期待出来る。




エトワルド・ダイスラー

弟を溺愛している、強力暴走娘。
頭が弱いものの、馬鹿力で突っ走る超行動派。
周りの迷惑一切気にせず、自分が楽しければそれで良し。な、最強迷惑な人。ある意味危険人物。
毎度毎度弟を無理やり引きずり込み、弟に災難が降りかかる。

にぎやか担当じゃな。基本こやつがトラブルメイカー。
そして周りに飛び火し、災害を起こすと。
弟のエナとロゼは、この娘の引き起こす災害によく巻き込まれるため、妙に共感しあう。

戦闘能力に関しては、物理攻撃ごり押し感漂う。
こちらも優秀なタイムスフィアスキルを持ち、放っておいても敵が死ぬことがしばしば。攻撃力が高く、特に属性が付かない分安定して使える。
SPが続く限り連続で攻撃出切るスキルや、敵ターン毎にダメージを与えるスキルなど、とにかくダメージを稼ぐ事に特化している。
その分SP最大値が低く、消費も多いため、あんまり連発できないのが難点。下手に使うと直ぐ枯渇する。



ユン

金でリリアに雇われた、契約主を持たない火のマナ。
元々契約をしていたが、元の契約主が死に、その契約主が残した幼い少女を娘として育てるため金を稼いでいる。
しかしマナな所為か、人間の育て方が分からず、性格が悪く言う事を聞かない娘に手を焼いている。
皮肉屋でやや負けず嫌い。
ロゼと同じ良識人ではあるが、たまに変な知識を披露する。
そういう知識を出したり、娘に関してだと性格が変わるな。

序盤は良識マナ、って感じじゃったが、段々親馬鹿な感じになっていく。結構ギャップが激しいキャラじゃったのう。

戦闘能力に関しては、攻撃力は高いが、スキルはそれほど。
火のマナだけあって、スキルには全て火属性が付いている。火耐性がある敵は意外に少ないので、あまり気にならない。ただ使い勝手が良いスキルは少なく、SP最大値が低く消費も多いので、やや火力不足。
魔法攻撃力も低いので、コモンスキルで補うのも不可。
微妙に使いづらいキャラな感じがある。



ぷによ

ぷにぷに(ガストのゲーム定番の敵キャラ)に乗っている、幼い少女。
捨てられていた所をぷにぷにに拾われて育っていたため、自分もぷにぷにだと思い込んでいる。そのため「ぷに」としか喋らない。
そのままでは意思疎通が出来ないので、一緒にいるぷにぷに3兄妹が通訳をしている。
何気にませている。

ロリコンほいほい。
要するに「幼女萌え~」とか言っている人間用キャラ。多分それ以上でもそれ以下でもないと思うな。

戦闘能力に関しては、唯一基本スキルに回復スキルを持つキャラ。
ただし火力に乏しく、有効な攻撃スキルを覚えない。全体回復はあるものの、消費の割りに回復量が少ない。
その代わり、魔法攻撃力がすこぶる高いので、コモンスキルがメイン戦力となる。終盤になるとコモンスキルを連発できるので、鬼のような火力を誇る。





とまあ、こんなもんか。
時間も無くなったし、この辺で締めるかのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/623-8c44b9a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。