秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
誕生日のを買いに
ついこの間、武流氏が誕生日を迎えたので、今日はそのプレゼントを買いに。

買うのは良いんじゃが、武流氏が喜びそうな品物ってなんなのかわしにはさっぱり思い浮かばんので、直接本人に何が欲しいか尋ねる。まあ毎度の事なんじゃが。

返ってきた返事が、『本物のサソリの標本が入ってるバックル』だそうじゃ。

ふむ・・・・本人は、このバックルに対して何かの突っ込みが欲しかったらしいが、突っ込みどころが分からなかったのでそのまま了承してスルーしていた。

まあ、本人が言うならそういうバックルがあるんじゃろうと、そして実際有ったとしても比較的容易に現物が想像出来るので、「そんなものがあるんじゃな」くらいで勝手に結論付けていたが。

・・・・わしにリアクションを期待せんでもらいたいが。薄い反応しかできんし、スルーする可能性が高すぎるからな。

実際それを買う積りだったらしいしのう。

相変わらずわしと武流氏の休みは、照らし合わせたかのように食い違っていたので、わしが仕事終えてから合流する事に。

と言うことで、16時頃にB_LUCK(以下よりゲッティー)も引きつれ、いざ出発。

場所はアンナガーデンって場所じゃな。実際詳しくどんな場所なのかは、あんまり知らないんじゃが。何度か行った事あるが、特に気にした事無いしな。

その中にある店。なんか色々と形容し難い店じゃったが・・・・・まあ、そこで件のバックルを購入する事に。
個人的にだと、わしは絶対来ない類の店じゃな。装飾品ばかりじゃし。

店に入って、中の店員のおじさんに話しかけながら、武流氏は目当ての物を探す。

しかしなにやら、しばらくして「別の物に代える」と言う。

目当ての物が、記憶より高かったらしい。本人は2千くらいだと思っていたらしいが、実際は3150円じゃった。

3千程度なら十分に許容範囲じゃし、別にそれを買っても良いと言ったが、武流氏自身が嫌らしく、別な物を買う事になった。

しばらく物色しておったのう。
その間、わしとゲッティーは店のおじさんに、己が人生論を聞かされておったが。

曰く、「まだ若いんだから、急いで仕事をしたりして時間を潰すことは無い。ゆっくりと自分の好きなことをやって行けば良い」のだそうで。

取り合えずゲッティーを甘やかさんでくれ。とだけ思ったな。

ついでにわしは現状特に辛いことしている訳ではないので、時間潰している積りはないんじゃが。仕事に追われて時間が全然無いという事は無いし、仕事以外の時間は随分好き勝手に過ごしているしのう。

現状で幸せかどうかと問われたら、多分幸せだと答えるじゃろうし。

因みにわしの現状での人生論は、「平凡こそ何よりの幸福」じゃ。ある程度の制限はあるが、その制限の中で自由に生活しておるからのう。特に高望みはせん。

・・・・・・ほんっと年寄り臭い思考じゃな。自らそう思う。


さてさて、話はズレたが。

武流氏は、銀色の小箱。見た目宝箱の様な形状をした物を、最終的に選んだ。

2100円じゃったな。

ふ~む・・・・わしはこういう飾り物に興味が沸かんので、あんまり分からんのう。

取り合えず本人が欲しいなら、それ買うだけじゃが。

帰りに、同じアンナガーデン内のアイス。ジェラートじゃったかのう。を食べて帰ることに。

これ結構好きなんじゃよな。昔から。さほど甘ったるい訳でもないので、普通に食えるし。

ゲッティーは金を持って来ていないそうなので、わしが金を出す。武流氏は自分で自分の分買えるしな。

なんかゲッティーの分までわしが支払うのが、普通になりつつある今日この頃。一人だけ何も食わずにただ見てる、ってのがこの上なく気に食わないので一緒に支払っておるが、あんまり甘やかさんほうが良いかのう。

アイスを胃に納めた後は、2人が良く行くという河へ。

最近2人は、アクアリウムに夢中なんだとか。わしもやらないかと誘われておったのう。

魚育てる気力は、多分沸かないので断ってるが。

いやー・・・・面倒臭そうじゃからのう。


後は適当に眺めて、18時過ぎ頃に家へ帰ったな。今日はこの辺で終わりじゃ。

近々、また3人で1日使って遊びたいもんじゃが、休み合わんからのう。有給余っておるし、使って無理やり作るかのう。
コメント
この記事へのコメント
昨日はアリガトウ!!オレが物を選んでいる間に、そんな話をしていたとは思わなかったなぁ(笑)今度カラオケ行きましょう★
2008/06/04(水) 21:34:11 | URL | 武琉 #-[ 編集]
個人敵にだと、ために成る様な成らない様な・・・・って感じの話じゃったが・・・・・

さてまあ、近々休み取らねばのう。多分休み合わんじゃろうし、有給も余っておるし。
2008/06/05(木) 00:23:55 | URL | ベオース・フェオティール #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/622-07ad7e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック