秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別演習全武器クリア
今まで遅番だったため、家に帰ってからブログ書くだけで何もせずにベッドへと沈んでおったが、それも昨日で終わったので今日は休みじゃ。

と言うことで、MHP2Gを少しばかり進めてみる。

MAMEさんとやっておるものの、一人でやりたい事も多いしのう。

と言うことで、今日は個別演習という、特定の装備で敵を倒さねばならない物を進めることにする。

以前ティガレックスまで全武器制覇しておったので、残るはディアブロス、グラビモス、キリンの3種類となる。

個別演習は、敵自体の体力は大幅に削られておるものの、何かと制限されるのでそれなりに難易度は高い。

全部クリアしようと考えている場合、端から始めなければ気がすまない性格上、一番左から進める。

最初の敵はディアブロス。

動きを止められる咆哮や、早い突進。更には地面にもぐって強襲してくる敵じゃな。

突進はタイミングよく回避すれば当たらんし、怒っていない状態で地面にもぐった時、音爆を当ててやれば引きずり出されてもがくので、強引に隙を作れる敵でもある。更に壁に突っ込ませると、角が刺さって動けなくなったりするしのう。

武器は双剣。

双剣はあまり使い慣れていないものの、それなりに使える。防具のスキルに高級耳栓が付いているので、咆哮も怖くない。

尻尾を切るのは、とりあえず無視。高い位置にある尻尾を切るには、双剣では届かん。

少しでも乱舞が入りそうな間があれば、迷わず乱舞を足に叩き込む。音爆を投げて、動けない所にも乱舞を入れる。そうしている内に転倒するので、すかさず尻尾に乱舞。あっさり尻尾は切れた。

角を折るのは断念し、あっさりと討伐完了。

次、大剣。

こちらは常々使用している武器。高級耳栓は無いので、ガードして防ぐ必要があるな。

開始して、なるべく早く尻尾を切り落とす。後は壁際でガードを繰り返し、角が刺さったところを攻撃して両方へし折る。

後は普段通りに討伐完了。

次、ハンマー。

鈍器は苦手なんじゃが・・・・・しかも咆哮を防ぐ術が無い。

しかしそうも言ってられん。
ディアブロスは頭が弱点でない為、頭に攻撃するのは避ける。主に足を狙い、余裕のあるときに頭を狙う。しかし角は折れんかった。
切断属性が無いので、尻尾切れんのは残念じゃ。

思いの外楽に終了。咆哮食らっても、死ぬようなダメージは受けんかった。防具のスキルに悪霊の加護が付いていたので恐々としていたが、それほどでもなかったらしい。


次、ガンランス。

ランス系は苦手なんじゃがな・・・・・

尻尾は諦めようかと思ったが、意外なほど簡単に切れた。咆哮もガードできるし、楽じゃったな。

後は壁際でガードしてようかと思ったが、中々上手く行かずに作戦変更。地味に削ることにする。

攻撃を欲張らなければダメージを受けないらしく、ちまちまと削り、此方も比較的楽に討伐完了。竜撃砲があるのは何気に助かる。

ラスト、ライトボウガン。

尻尾めがけてひたすら撃つ。

手持ちの弾薬を適当に撃ち巻くって、簡単に終了。なれないボウガンとはいえ、余程のことが無い限り当たらん。

これも咆哮を防ぐ術は無かったが、なんとかなった。


ディアブロス終了。次はグラビモスへ。

体が大きく、外皮は岩の如く硬いので、弱点の腹以外は弾かれる。高威力のグラビームを食らえば、殆ど瀕死になる。しかも咆哮までするので、最悪嵌められる敵じゃな。

最初は眠り属性の片手剣。

最初は尻尾を切るのに躍起になり、下手をしすぎて死亡。尻尾はこれも高い位置にあるので、片手剣だと届かん。

2戦目はグラビが寝ている間に、色々と採集してたら直ぐにグラビがおきだして来たりで、色々と失敗。

3戦目あたりで、地味に削ったり、アイテムなどを駆使して討伐完了。腹は壊れんものの、まあいいやくらいで。


次、太刀。

今回はスキルに心眼が付いており、腹以外を切ると弾かれるグラビモスにも難なく攻撃できる嬉しい装備。

咆哮は防げんが、なんとか即死はしない程度じゃ。

ただ腹の下で攻撃していると、体当たりを避けられずに吹っ飛ばされることが多々ある。これでかなり削られた。
回転尻尾は、吹っ飛ばされない攻撃の為、気付くと思いの外HPが減っていて驚いたな。

苦戦しつつ、腹は壊せんかったが、討伐完了。


次、ハンマー。

眠り無効のスキルが付いているので、眠りガスを出したときなどにあえて突っ込んでダメージを稼ぐことが可能。

太刀と同じ様にHPを大幅に持っていかれたが、何とかなりそうじゃ。

後は地味に、攻撃動作が終わりのときなどを狙って当てていけば、一応討伐完了。

次、ガンランス。
ガード強化が付いているので、放熱ガスや睡眠ガスを防御できる。放熱ガスの場合微量に削られるが、無視できるレベル。

ただし、ランスは慣れないので、とっさに回避してしまうと後ろに下がってしまい、逆にダメージを貰うことが多々あった。

しかしグラビームを避けれさえすれば、後の攻撃は全てガードで防げる為、よく見ていればダメージは殆ど無い。
ただ普通に攻撃すると、間違いなく弾かれるし、弾かれた直後に攻撃されると動けん。

その為、切らずに砲撃のみで戦うことに。砲撃ばかりだと直ぐ切れ味が落ちて使いもにならなくなるが、切れ味が最低になるまで砲撃は使える。しかも威力は切れ味に関係が無い。

砥石の数には限りがあるので、無駄遣いが出来ない。となれば、使えるところまで砲撃を使いまくって、使えなくなってから研ぐ。という形になった。

この戦法なら、思いっきりごり押し戦法じゃが楽に討伐完了。腹も壊せた。壊せた瞬間、グラビは死んだがのう。


ラスト、ヘビィボウガン。

オートガードが付いているので、咆哮は防げる。

それに、弾かれが関係ないガンナーなら、簡単にダメージが稼げる。直線にしか吐かないグラビームなんぞ、避ければ終わり。

つまりは、この上なく楽。遠くから腹目掛けて打っていれば、勝手に死ぬ。

そしてあっさり終わった。


グラビモス終了。次はキリン。

体が小さくて動きが速く、そして範囲に居ると避けにくい落雷攻撃。体は硬く、頭か角に当てないと弾かれる。
攻撃を当てづらいし、下手に当てると逆に反撃を食らうという敵じゃ。

ただし、たまに何もせずに突っ立っている時があるという、分かり易い隙を持っている。


最初、片手剣。

片手剣の性能ゆえか、何処を切っても弾かれないため、ことあるごとに攻撃できる。

切れ味が落ちる前に討伐完了。意外と楽じゃったな。

眠りナイフとか、使えそうなアイテムはあったものの、使う前に終了。


次、太刀。

これは辛かったな・・・・

キリンは普通、振り向きざまに攻撃して直ぐに離脱する戦法で戦わないとならないんじゃが、何故か同時にこちらもダメージを負うという諸刃の剣になっていた。

何度も死にながら、色々と試してみた結果、タイミングが悪いという事に行き着いた。

後は下手に追わず、突っ立っていたりするときに攻撃。気刃ゲージを溜めれば弾かれないらしいが、それを溜めている余裕が無いので、そのまま頭のみ狙いで戦うしかなかったな。

なんとか討伐完了。辛かったのう・・・・・・ティガレックスランス討伐の次くらいに辛かったな・・・・


次、ハンマー。

以前ニコニコ動画で、キリンハンマー討伐の動画を見ていたことがある。

それを思い出して、見よう見まねで試してみたところ・・・・・・

なんか非常にあっさりと討伐完了。今までで一番弱いかもしれないくらいに、弱かった。最初はタイミングが分からんかったが、慣れてくると結構行けるもんじゃな。


次、ランス。

ランス武器は弾かれが辛い。鈍重極まるランスで、どうやって倒すのか考えていた所、スキルに心眼が付いているではないか。

これが付いていれば、弾かれることが無い。

攻撃したらステップで出切るだけ放れた後、直ぐに納め、キリンを追い振り向きざまに攻撃を繰り返す。

ただ突っ立っている時は、角狙いで攻撃。ランスなら上にある頭を楽に突ける。

苦戦はしたが、なんとか討伐。疲れるのう・・・・・


ラスト、ヘビィボウガン。

ガンナーならば楽と考えていたわしの考えが甘かった・・・・・・

武器が最悪。

武器を出すのも、撃つのも、リロードするのも、納めるのも、全て致命的に遅い。動きが速いキリン相手に、この遅さは尋常じゃなく辛い。

隙を探すので手一杯じゃな。なにせ、下手にリロードしてると攻撃を食らう。キリンが遠くに走っていったり、ただ突っ立っていたりするときに行わないと、直ぐにダメージを負う。

何度も死んだのう・・・・・太刀でキリン討伐並みに辛かった・・・・・

こちらもギリギリのところで討伐完了。

何とか終わった・・・・・・


これでなんとか、個別演習の全項目を埋めた事になる。ふう・・・・・

後は特別演習なんてものもあるが、それはまた別の日にゆっくりやるとする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/579-0ea2f09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。