秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
花見・・・・?
今日しか休みの合う日が無いので、仕事で朝帰りの状況ではあるが、武流氏達と遊ぶ約束をしていた。

今日は天気予報で雨だと、以前から伝えられていたので、どうしようかと考えていた。が、朝は降っていた雨は、時間が経つごとに止んできており、少し晴れていた。

お陰で普通に、花見へ行けるようになったのう。

ただ帰宅する前に、MAMEさんとこんがりさんで、朝マックに行き『メガマフィン』を食べる約束にもなっていたので、最初はそちらから。

本来なら、今日で退社する人のささやかな送別会になる筈だったらしいが、当人が用事あるようで、ただ普通にマックを食べに行くだけとなった。

まあ・・・・時間的には朝じゃが、わしらからすれば夜中も良いところなんじゃがな。MAMEさんが「気持ち的には夜なので、メガてりやき下さい」とか、笑い話を出すくらいじゃったからのう。

食後、解散して帰宅。


家に帰ったのは8時30分くらいじゃな。

父親と姉は仕事なので、既に家にはおらんかったが、母親だけは休みなので茶の間でテレビを見ておったな。

今回はわしの車で出かけてくるというと、寝不足だと危ないから少しだけでも寝ろと言う。行く時間は13時だと言ったら、今11時なので2時間は寝れるから寝ろ。とのこと。

まあ、確かに一理あるのでコタツで横になる。

・・・・・・・・・

目が覚めると、13時30分じゃった。

・・・・・・・・またか。

以前もこんな事あったのう。深夜番明けじゃが、出かける用事があるから起きてると言った時、15時くらいになったら起こしてやるから、少しだけでも寝ろといわれたので、そのまま寝たら19時に目が覚めたことがあったのう。

理由は簡単。前回も今回も、単に忘れてただけ。

・・・・・・この人が次に「起こしてやるから寝ろ」と言ったら、絶対に従わんようにしておこう。

取り合えず、遅れてしまったのは仕方ないので、部屋に戻って携帯を確認。案の定武流氏から連絡が入ってる。

内容を確認すると、少しめまいがするから、もう少し時間を遅くしてほしいとの事。それを確認し、武流氏に電話を入れる。

そんなこんなで、実際に遊ぶ時間は15時という事になった。

寝ようかと思ったが、起きれる自信は無かったのでそのまま起きている事にする。隣にいる母親は信用できんし。

15時になり、車で武流氏経ちの所へ。

武流氏とB_LUCKを乗せ、いざ花見へ。

途中でお菓子類を購入しながら、目的地を目指す。

普通に花見をしようと思っていたが、朝は雨だったのと風がある所為で肌寒い。仕方ないので、車の中でお菓子などを食べつつトランプでもする事に。

大体1時間くらいそこで遊んでいた後、わしの家へ向かう事になる。いつも通りの、欲しいデータ落としじゃな。

後は2人にPCを預けて、わしは寝てたのう。もう眠くて眠くて。

起きたのは20時も過ぎた頃じゃった。そして二人はまだやっておるし。

・・・・・流石に時間遅いじゃろう、お主ら。

まだまだ時間がかかりそうな事を言うので、今日はそろそろ切り上げて、次までデータを保存しておくから今日は解散してもらうことにした。

2人が帰宅した後、わしは夕食を取り、今に至る感じじゃのう。明日は少々用事があるので、さっさと寝たいしのう。

今日はこんなもんじゃ。ということで、寝る。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/572-cefeb468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック