秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ね、眠い・・・・
3交替の仕事で、わしが最も合わないであろう遅番の真っ最中。

3交替なので、早番、遅番、深夜番と5日単位で切り替わる。

早番が朝に行き昼に帰ってくる。
遅番が昼に行き夜に帰ってくる。
深夜番が夜に行き朝に帰ってくる。

こう並べられると、早番が一番楽で深夜番が最も辛そうに見える。
確かに、早番は朝早いという難点があるものの、起きて直ぐ出勤なのでしばらくすれば目が覚める。そして4時前には帰ってこれるのでかなり楽ではある。
しかし深夜番は、初日と最終日後の休日がひたすらに眠いだけで、逆転生活はそこまで辛くは無い。まあ朝食夕食は微妙ではあるが・・・・
さて、わしの中では早起きをせねばならんと言う最も辛い試練が待ち構えている早番と、最初と最後だけ眠い深夜番はどちらも同じくらいの辛さ。まあそこまで辛いという訳ではないが、他に言えるとすれば怠さかのう。

その二つに挟まれている遅番はと言うと、実はこれが最も怠い。
2時半出勤で、11時半に帰ってくる。
この中途半端さが怠さに拍車をかける。

寝る時間はやや遅くなる程度じゃが、出勤する時間がなんとも言えん・・・

起きてからやや時間が空くので、そこから起きていると調度眠くなってくる頃に仕事にいかねばならん。

ならば行く直前に起きれば良いんじゃが、下手をすれば寝過ごしてしまう。そう考えると行くまで寝ているわけにもいかない。

なので遅番の時は終始眠い。そして怠い。
遅番だけは嫌いじゃのう・・・・
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/17(日) 22:21:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/57-1d7a9f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。