秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さい
家の猫、茶太郎はデカイ。

太っている訳でもないのに、5キロという体重を持つ、『長い』猫じゃ。

四肢も尻尾も長く、それに合わせてか胴体部分も長い。

以前尻尾の長さを測って見たところ、32センチあった。そして身体はそれよりまだ長いじゃろう。

人間で言えば、身長が高いようなもんじゃろう。

体重が重いのも、殆ど身長で重くなっているようなものじゃな。



しかしこのデカ猫も、幼き頃は小さかった。なにせグラム単位で測れたくらいじゃ。

ひょんな事から、母親が昔の携帯に残る幼き頃の茶太郎画像を引っ張り出してきた。

何年前の携帯じゃろうな。Softbankではなく、J-PHONEの頃じゃからのう。
この携帯で撮ったのではなく、兄がデジカメで撮影した画像を、この携帯用に編集して登録させてあった画像じゃ。

小さいのう・・・・・・何をどうしたら、こんなに小さい子猫が、殺しても死ななそうな堅牢かつ巨大な猫に育ったのやら。全然病気とかせんしな、こやつも。

わしが拾った猫で、拾った当時は息も絶え絶えな状態で死に掛けだったというに。

さて、そんな幼い茶太郎画像を、今の携帯に移せないかと母親が聞いてくる。

・・・・・移せない事は無いが、画面が違うからのう。どう見ても、どう考えても、小さい画像がより小さくなるのは明らかじゃな。

古い携帯には、赤外線通信が出切る様な部位が備わっていないものの、旧式のSDカードが入っている。
此処にデータを移せば、他の物にも移すことは可能。取り合えずやってみることに。

ただし旧式の大きいSDカードが入る携帯なんぞ、他にある訳が無いので、今わしが使っているこのPCに差し込むことにする。

このPCには、SDカードのカードリーダが元々備わってる。此処に直接差し込むならば、問題なく読み込んでくれるじゃろう。

思った通り、特に問題なく読み込んだので、一度PC画面で開いてみる事にする。


さてさて・・・・・・・・ってまあ、予想に違わず、今抜き差ししていたSDカードと同じくらいの大きさでしか表示されない。

予想していたとは言え、思わず「小さ!」と叫んでしまったが。その声に反応して、PC画面に集まり覗いて来る母親と姉。

ついでに、わしが今使っている携帯。恐らく今家にある携帯の中で、高性能で画面が大きい携帯に、USBケーブル経由で保存してみる。

さて、開いてみると・・・・・・・

・・・・・・・見えん。画面の中心に、何とか写っているモノが『猫』であると認識できる程度じゃ。だからと言って画面に合わせた大きさにすると、荒すぎて見れたものじゃない。

しみじみ、携帯は進化しているんじゃのうと思ったな。

SDカードも、昔はあの大きさでも小さいと思っていたのにな。8MBという容量も、結構大きいとさえ思っていたし。

今ではそれ半分以下の大きさで、しかも1GB以上の容量が普通にある。1Gと8Mと言ったら、大体130倍くらいの差じゃったかのう。

・・・・・・何か末恐ろしいものを感じるな。

まあそのお陰で、携帯で音楽や動画が保存出来るんじゃがな。

これでSoftbankの携帯でもニコニコ動画が見れたりすれば、特に何の不満も無いんじゃがのう。


結局この幼き茶太郎画像は、母親の携帯に移してみるのを忘れていた為、そのままわしの携帯にのみ保存されて終わった。

開いてもよく分らん画像になるだけじゃし、消したほうが良いかのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/543-a0641bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。