秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風呂釜がお亡くなりに成られました。
暑い。

・・・・・はて、数日前はまだ防寒具を着てガタガタと震えていた気がするが。何故にこんなに暑いんじゃろうか。

防寒具なんぞいらんほど、気温が高い。調べてみたら、最高気温18度もあったらしい。気温が2桁まで行けば十分暖かいというに、18度って・・・・・・

仕事へ行くのに、家を出るのが数分ほど遅れてしまったので、少々走ったお陰でえっらく暑い。車の窓全開にして走ろうかと思ったぞ。10分程度しか走行せんから、考えている内に到着したが。
そういえば、「クーラーつけて来た」という人までおったしな。

防寒具も着てたから余計じゃな。昼は暖かくとも、帰宅する夜は寒いので、防寒具は必須。現に夜はそれなりに寒い。
さてさて・・・・・

実は昨日、家の風呂釜が故障した。タイトルには少しばかり大げさに書いたが、まだ直せば動くじゃろう。

10年以上は使用しているものなので、そろそろガタが来ていてもおかしくは無いしのう。正確に何年前から有るのかは分らんが、わしがまだ小学生の頃だったのだけは確かじゃ。大体10年強という所じゃろう。

父親が業者に電話していたので、直ぐに修理されるのかと思っていたら、未だ直っていないという。

なんでも、業者が修理に来たのは良いが、部品が無くて修理出来んらしい。古いからか?

昨日の23時半頃、仕事から帰宅したら「今日は風呂無し」と言われた。風呂が沸かせないということは、同時にシャワーも使用不可。
わしは深夜番などだと、時間が合わないなどして風呂に入り損ねることも多い。ついでに高校時代山岳部であり、山の中でテント生活しているときは、当然風呂なぞ無かったからな。
お陰でわしは、風呂に入れないという事に対して、抵抗はさほど無い。いやまあ、悪い傾向だとは思うが、実際慣れてしまったんじゃよな・・・・・・

そんな訳で、特にショックも受けんかった。

まあ父親はともかく、姉と母親は流石に嫌だったそうで、せめて髪くらいは洗いたかったらしく、ヤカンで沸かしたお湯で洗ってた。わしは・・・・・正直そこまでして洗う気は出ん・・・・・

取り合えず下着だけ交換して、昨日は寝たな。

今日も会社から帰宅してから、状況を聞いてみたところ、未だ部品不足で修理が出来ん状態らしい。一応明日部品が入ってくるらしいので、直るとしたら明日なんだとか。

ただし今日は、一番上に書いたように暑いくらい天気が良かった。家の屋根にある、風呂の湯沸し用ソーラーパネルで、風呂にお湯を入れる事が可能。ただ、追い炊きは出来んが、時間を詰めて入ればなんとかなるかもしれん。

そう思って父親が試してみたところ、とてもではないが、入れるほど暖かいお湯は出なかったそうで。人肌より暖かい程度だったらしい。

しかし、それなりに暖かい。コレをそのまま捨てるのは、あまりにも勿体無い。というか既に父親が風呂入ってる。
ならば方法は1つ。ヤカンや鍋で沸騰したお湯を作り、それを風呂に入れることで温度を上げる事じゃ。

・・・・まあ、この辺の騒動時にわしはまだ仕事中だったので、実際どんなやり取りがあったのかは知らないんじゃがな。

取り合えず入浴できる温度にはなったが、当然直ぐ冷める。シャワーも出ないので、身体や髪を洗った場合に流すのは浴槽のお湯しか無いので、水かさも減ってくる。

恐らく姉が一番水使ったのではなかろうか。髪長いし。

わしが帰宅したのは、父親が上がり、姉が入っている時じゃったな。わしが夕食を食べているときに母親が入り、上がり次第わしが入る形になる。

・・・・・父親の顔、久しぶりに見たな。遅番だと、父親が起きている時間、わしは寝てるか仕事行ってるかのどちらかじゃし。帰ってくると、大体既に寝てるんじゃよ。

それはさておき。

風呂から1人上がるたびに、沸騰したお湯を足すので、中々大変。まあ、わしは食事中なので、母親が忙しく動いていただけじゃが。

さて、わしの番まで回ってきた。直前に沸騰しているお湯を足したので、温度は41度くらいじゃな。普段より少し温度が低い程度なので、十分入れる。

水かさは普段の半分くらいしかないが、足を折りたたんで寝そべるよう身体を沈めれば、一応肩まで浸かれる。

要するに、若干不便なだけで、普通に風呂に入れた。

この後に入る人は居ないので、水かさ減らしても問題無いしな。

はてさて、明日はどうなっている事やら。寝る前に風呂入っておかんと、身体が冷たいからのう。なるべく風呂釜は早く直してもらわんとな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/538-97909b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。