秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖獣王の花嫁 黒衣の王女
聖獣王の花嫁シリーズの第5巻じゃな。この間車のオイル交換中に読んでいた本がコレじゃ。

コバルト文庫から発刊の著作者は高遠砂夜先生。

基本的に女性向け文庫じゃが、本来の持ち主は姉なのでそこは特に問題ない。姉がわしが好きそうな物語だから、と貸してくれる本じゃ。

このシリーズ、特に厚くもなく難しい表現もあまり無いので、活字苦手な人にも勧められると思う。内容もあまり深く説明していないのもあるが、それがかえって読み易いんじゃな。

内容は普通にファンタジーじゃしな。

そういえば毎回この本読むと、一応感想書いている気がするのう。



説明し始めると長いので、面倒臭いからあんまり説明せん。時間も無いし。

まあ取り合えず、本に慣れている人ならば2時間程度あれば読み終わるじゃろう。

んー、挿絵などのイラストを見る限りではいかにもな女性向け絵なんじゃが、内容はそうでも無いんじゃよな。

わし自身は、女性向けの物語ってあまり好んで読んだり出来ないんじゃ。女性向けの恋愛物とかもキツイな。BL方向に行ったら即効逃げ出すな。

じゃから少女マンガとかは読もうと思わんし。ドラマ化した物も同様にな。ついでに少女向けアニメとかも見たいと思わないんじゃよな。
この話題をデネブとかじゃみらに振ったら、特にデネブ辺りは熱く語ってくれると思うが。日曜の早朝に放送されているアレとかな。

そんな人間でも抵抗無く読めるくらいじゃから、女性向けとかは考えんでも良いかもしれん。

さて、姉に返してくるか。
コメント
この記事へのコメント
一杯読みますね~♪
やはり読書は小説を書く者にとって最大の勉強になる行動ですもんね!
僕最近読書していないな~(汗)

最近はサイトの方々の小説を拝見し自分で書くかのどちらかにとどまっています。
詩を書いたりもしますね~♪

あ、雑談入りすぎてすいません(汗)
2007/12/27(木) 00:19:55 | URL | 時月 潤夜 #-[ 編集]
わしも最近あまり読んでおらんのじゃよな。

そもそも、高校の時の知り合いから小説を勧められてから読むようになったので、実質読んでいる量は、本好きの人からすればかなり少ないと思う。

その知り合いとは完全に疎遠になっているので、身近に本を読む人があまり居ないし、小説書いている人も居ないし、小説を書き始める時期が遅かったので教授してくれる人もおらんかったからのう。

自分でもよくまあ、今まで保っていられると思うが。
独学でやっているモンじゃし、おそらく実際は小説のイロハも知らんぞ。

じゃから結局、本来であれば何か読んでみるしか無いんじゃよな。
2007/12/28(金) 01:18:45 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
同感ですね。
僕も独学でやり出して今に至りますので知識を得るのは殆ど本任せです。
先生とかにはそんな事より勉強しろとか言われそうで言えません。

祖母が漫画でもいいから本を読め。
と教えてくれたのが始まりだったかな…。
そのうちに自分でも書きたくなったというかんじですね。
2007/12/28(金) 23:54:42 | URL | 時月 潤夜 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/460-0aef3109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。