秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
地元に来たのど自慢?
なにやら、わしが住んでいる福島県福島市に、NHKのど自慢が訪れたそうな。

そういえば昨日、ニュースでそんな事を聞いた気がするのう。なんでも、昨日予選が行われていたそうな。

父親が、出た事は無いが予選を見に行った事があるそうで、どういったものか教えてくれた。

「一小節歌って終わり」なんじゃと。

さてさて、取り敢えず放送されていたものを眺めて見る。




・・・・・・上手い人もいれば、平気で音程外して歌う人もおるな。

一体どう言った基準で選んでおるのやら。父親曰く「上手いからと言って出られる訳じゃない」というから、なおさら疑問が拭えん。

確か結局6人だか合格者が選ばれたかのう。選ばれた人達は、確かに上手かったが。

しっかし、いわき市やら郡山市やら、福島市からは結構遠いトコから来ておるのう。そんなに出たいモンなのか。

まあ、人前に出たい人は出たいからのう。

ただ聞き苦しいのが、ご老体である方々の歌声。

・・・・何か、今にも死にそうな声を出す人おるからな。聞いているこっちがたまに辛くなる。

歳をとると、高音が出なくなるしのう。なのに無理やり出そうとするから、こうなるんじゃが。

本人が歌いたいのであれば、それに越した事はないが。

・・・・ただ解せんのが、「本日のMVP」に選ばれた大工の人。

率直かつ一言で言う。「下手」。

あそこまで音程外して歌えるのも凄いと思うが・・・・まあ、娘さんに向けたメッセージとやらが受けたんじゃろうが。

ん~・・・・わしのような、大抵の物事を斜に構えて眺めているような人間には、こういったモノは合わんのかもしれんのう。変に完璧主義な所もあるし。

野次馬根性すらあんまりないから、こういった会場へ見に行こうとも思わんしな。近場で火事が起こったときも、軽く見に行った後は別にどうでも良かったし。野次馬凄かったしのう。

結局何が言いたいかというと、のど自慢の様な場所には、出るのも見るのもわしには合わん。って事じゃな。知り合いが出るならまだしも。

よしんば出たとしても、どうせ生き恥晒して帰ってくるだけじゃ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/439-1f2f466d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック