秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
ネタバレ有り注意!2
デスティニーを知らない人には全く理解できない内容になるので注意。

PS2版デスティニーは結構面白いのう。今日はようやくソーディアン研究所まで到達。

かなりストーリーに修正が加えられ、より一層深みが増している。
これは1度クリアした人にでも勧められるのう。

↓此処から先完全ネタバレ、閲覧注意


今回は、リオンが随分優遇されておるな。
なにせマリアンとの関係が発展している気がする。
PS版では空中都市から脱出する前にマリアンから、リオンの事は哀れんでいただけであり、愛情が有った訳では無いという様な事を聞き、ルーティに叱咤されるのじゃった。
しかし今回は、マリアンはリオンが死んだことを知らない。そしてマリアンはリオンに対して少なからず好意を抱いていた様なことを言い、そしてリオンの帰りを待つ為に屋敷に帰っていった。

今回はリオンが可哀相と言うより、マリアンが可哀相じゃな。スタン達は敢えてリオンが死んだことをマリアンに告げなかった。


さて、前回生き延びてしまったダリスじゃが、今回本当に死ぬのか疑問になってきた。
なにせ、ウッドロウへの報告を伝えに来ておるし。
これから死ぬのか?こやつ。

他に追加されている事と言えば、飛行竜が使える事じゃな。
PS版ではベルセリウムで壊れた飛行竜を修理しないと使えない為、最後の最後まで空の移動手段が無い。
しかし今回は、別の飛行竜が存在して、あまり高くは飛べないのでダイクロフト突入が出来ない代わりに、移動手段として使うことが出来る。これに乗らないとソーディアン研究所に行けんようになっておるし。

そういえば、レンブラントの口調が壊れていなかったな。
「ホヒホヒ」言わなかった。
普通に会話しておったぞ。此処は変える必要あったのか?


まあ、面白いんじゃが。D2との関連性を考えるとマズイ所が多々あるような気がする・・・
ダリスが生きているのもそうじゃし、今回ベルセリオスは天地戦争時に壊れて紛失した事になっている。確かD2では普通にハロルドが持っていた様な気が・・・
それに、ミクトランの台詞を聞いていると、ベルセリオスに宿っている人格はハロルドではなくカーレルになっている様に聞こえるな。
一体どうするんじゃろ?


今作で一番良いことはリリスが仲間になることじゃな。ストーリーには関わってこないので影が薄いが、かなり強い。

最後に、ソーディアンとマスターが同一人物ではないと真の力を発揮できない。という設定、PS版にあったかのう?
コメント
この記事へのコメント
は、早い( ̄Д ̄;;

ダリス>
そういう意味でしたか。彼は死ぬか、マリーと決別するようなイベントがないとD2とムジュンしますな…

マスターが同一人物でないと>
明確にそうだと言っている設定はないですが、『自分の人格を剣に写すことで、自我の能力を最大限に引き出せる』とかいったような設定はあったきがします。
まぁもともと、オリジナル用に作られた剣ですからね。当然といえば当然のような気もしますが。

マズイ所>
PS版DとPS2番DとD2は似て異なる時間軸ということで(ぉぃ
2006/12/04(月) 01:36:50 | URL | Leace #-[ 編集]
似て異なる時間軸で済ませたら、色んなサイトで壮絶が論議がかわされるじゃろうな・・・

2006/12/06(水) 01:07:50 | URL | ベオース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/41-fc76dabd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック