秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
イナゴ
母親が知り合いからイナゴを貰ってきた。

もちろんイナゴじゃから、あのバッタに似た虫じゃな。

「何故に虫を?」と思うかもしれんが、イナゴは立派な食べ物じゃからのう。

正確に言うとイナゴのつくだ煮を貰ってきた、んじゃが。

まあ、見た目グロテスクなのは否めんし、虫は虫なので食べられん人は多いじゃろうな。

わしと母親は、コレが結構好きなので食っているが、姉は食べられないそうじゃ。


本来偏食気味はわしは、つくだ煮等の煮物類は、苦手な食べ物になるんじゃが、なぜかイナゴは昔から食える。

このイナゴのつくだ煮は、田んぼなどからイナゴを採取してくるところから始まる。

取って来たら茹でて殺し、足と羽を取り除く。

一度で大量にイナゴを取ってくるのは難しいので、数が溜まるまで冷蔵庫で保存するそうじゃな。

後は溜まり次第、つくだ煮にして完成と。

個人的には大きめのイナゴより、小さめのイナゴの方がカリカリしてて好きじゃのう。


しかしまあ、何の抵抗も無く食っているが、コレってTVなどでよく罰ゲーム用に使われてたりするんじゃよな。

確かに見た目は醜悪そのものじゃしのう。
コメント
この記事へのコメント
コン=チゎ |ω・`)ノ|Ю
ベオさんイナゴ食えるんか~!?
すごいねぇ
大きいのより小さいのかぁφ(.. ) メモメモ
2007/10/21(日) 22:54:40 | URL | misya #-[ 編集]
特に問題なく食える。
まあ、慣れない人はやめた方が良いと思うが。

特に女性は厳しいじゃろうな。何をどうしたって、虫は虫じゃ。
2007/10/22(月) 03:24:32 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/388-df1d4b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック