秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
小説『O・H~オリジナル・ハート~』 第2話 出会い 10
流石に昨日のあれだけでは物足りなかったので、二日続けて小説更新と。

まあ、元々コレを読んでくれている人以外には、何の面白みも無い更新内容になるんじゃよな。小説更新って。


早番は最も自由になる時間が多くなるので、頭も働き易い。お陰でゲームやるよりか、小説書いていたほうが有意義なんじゃよな~。
と言うわけで、MHFをそっちのけで書いているんじゃが。

今は第3話を書いているんじゃが、予想していなかった描写が増えていってしまって、思いっきり予定量を超えそうな勢い・・・・・

こうなったらもう仕方ない、書けるだけ書くか。まだ1冊分の半分にさえ満たないんじゃ、行くだけ行こう。

さて、2話本編。






公開終了
コメント
この記事へのコメント
誤字発見致しましたのでご報告
バリセラスが一食奢ってくれた事には礼を言う。
だったかなhttp://blog82.fc2.com/image/icon/i/F9AC.gif" alt="" width="12" height="12">
(礼)が(例)になっておりましたのでお知らせ致しますhttp://blog82.fc2.com/image/icon/i/F946.gif" alt="" width="12" height="12">
2007/11/25(日) 12:33:30 | URL | 時月 潤夜 #-[ 編集]
むを。

本当じゃ。
近いうちに直しておく。

確か司さんのところにコメントを出している方じゃろう?
こちらにも来てくれていたのか。

小説を読んでもらったのは有りがたいのう。
2007/11/25(日) 23:34:46 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/387-3e409cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック