秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
とあるアニメ化した小説
昔わしが読んでいた小説が、アニメ化したらしい。

今回、否定的な内容になる為、その小説及びアニメ名は記載しない。
まあ現在放送しているアニメなので、探せば直ぐに特定できるとは思うが。

今から2年くらい前に第1巻目が発刊し、その作品のお陰でプロ小説家として世に出る事が出来た人が作者。
簡単に言うと、その作品を応募して佳作を受賞し、プロデビューを果たした作家さんじゃな。

新人作家がどんなものなのか、少々興味があったからな。当時まだわしは小説家になるとかいう夢を、持ってはおらんかったが。


読んでみて、取り合えず面白かった。

キャラの描写は上手いし、内容もノリは良いし面白い。
描写もしっかり書いてあるし、説明も多くてなかなか分かり易い。ストーリー展開も、よく盛り上げてくれるので楽しめる。

これが最初の感想じゃな。

こんな感じで最初は気に入り、少し読んでいた。

単行本3冊か4冊くらいは買ったかのう。

しかし、読んでいるうちに、飽きてきた。

というのも、説明が長い。
最初は分かりやすいとか思っていたが、くどくどくどくど長々と説明を始める節が多々見受けられた。

同じ説明を繰り返す訳ではないが、1つの説明が長め。
もう少し削ってみても十分理解できると思うんじゃが、同じような表現を用いてまで説明を始めたりする。

悪くは無いが、内容に慣れてくるとやや読んでいて疲れる。

あの小説は、登場する女キャラの人気で保っていると思うな。
後は絵師さんの技量。凄く綺麗な絵を書く人じゃからのう。

序盤のストーリーしか読んでいないので、実際詳しい内容は分かっていない。じゃから、今はどんな風になっているのかさっぱり分からん。

しかし、もう読む気は出ないな。

まあ、ストーリー云々というより、雑誌に連載されていた方を読んでいて幻滅した方が強いし。

なんかのう。「萌えキャラ出せば、男は喜ぶだろう」的な流れがあった。
いかにも狙ってます、というキャラばかり。わしが知っている限りじゃと、霊能力が無い凶器所持の巫女さんとか、百合属性持ちの男装女キャラとか。

こう言った物を書くのであれば、小説とか書くよりその辺のゲーム会社に就職して、ギャルゲーとかのテキスト書いているほうが向いているんじゃないか?と思ったな。

現在人気があるから、こうしてアニメ化したんじゃろうが、わしは見る気ないのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/372-4d742ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック