秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メラウ作成
10月3日のアップデートで、1つのサーバ内に複数キャラクターを作れるようになる。

1サーバにいる友人から、その時に新しいキャラを作るので、こっちはこっちで一緒にやらないかと誘われていたんじゃ。

まあ、今のところ3サーバでも低迷しておるしな。こっちはこっちで進めるが、時たまそっちで遊ぶのも良いじゃろうと。

同じベオースを作るのでは詰まらんので、メラウを作成する事に。その友人はメラウの存在を十分知っているので、全く問題無いしな。

まあ、わしは1サーバでキャラを作り直すだけなので、この話が出て直ぐの頃に作ってはいたんじゃが。
一応取り合えず説明入れるか。
メラウは、まあこのブログを読んでくれている人なら知っていると思うが、自作小説の『O・H~オリジナル・ハート~』に登場するヒロインキャラこと、メラウ・クレメーアじゃ。

TOEOでサブキャラとして作成し、その時から定着しているので、馴染みが深い人にとっては、ベオースよりもメラウのイメージが強いかもしれん。

キャラを変えると、そのキャラに成りきった口調に変わるので、大分イメージまで変わるしのう。

その友人曰く、ベオースは老人メラウはきゃぴきゃぴ、だそうじゃよ。今一分からんが、そうらしい。

どんな感じかと言うと。

例1 「分かりました」
ベオース → 「了解」
メラウ  → 「うい、りょーかい!」

例2 「そうですね」
ベオース → 「そうじゃのう」
メラウ  → 「そだね~」

例3 「これは何ですか?」
ベオース → 「何じゃこれは?」
メラウ  → 「何よコレ?」

という感じかのう。

因みに、これを行う時、別段意識していない。メラウというキャラが出来上がっている為、メラウになると思った瞬間言葉が出る感じじゃな。

ただし、飽く迄文面上でのみ。これを自分の声ではまず出来ん。

俗に言うネカマという奴じゃろうな。
たまに「同じ人?」とか問われるくらいじゃし。いつも特に隠してはいないので、ベオースと同一人物であること、中身が男であることなどは、普通に相手へ伝えている。

んで話を戻すが、今日そのメラウを、件の友人にお披露目する事になった。

まあ、その友人も知っているので、わしからしてみれば普通じゃったのう。
意識していないというだけあって、会話しているのは全く苦にならない。どころか、メラウがノリ易い性格なため、むしろ会話が楽。


取り合えず今日は、少しメラウのハンターランクを上げておこう、という話になった。

そんな訳で、ドスゲネポスという敵へ。

作りたてでハンターランクが1では、ろくな敵に行けないんじゃよ。
ハンターランクが2になると、ドスランポス、ドスファンゴという最初のボスに行けるんじゃが。

ボスに行けないと、ハンターランクの上がりも悪い上に、ボス撃破の特別報酬まで出ないので、金も貯まらない。

そういう訳で、少し上げておこうという事になった。

ハンターランクが1でも、誰かが受けたクエストであれば、受注可能になるんじゃ。それを利用するんじゃな。

お陰で、普通ならえらく時間をかける作業を、さっさと終わらせてハンターランク2になった。

そんなこんなで、結局ハンターランク3まで行った。

3になると、イャンクックという敵にソロで行ける様になる。
あの因縁深きエリマキトカゲじゃな。

最初は誰かに受けてもらわんといけない為、3、4人でやってたが、ソロで行ける様になるハンターランク3になったので、ソロで行って見た。

ただ、武器の性能が悪く、切れ味ゲージが短い。このゲージが有る程度長く、緑色になっていないと、クック相手では弾かれるんじゃよな。

まあ、やれるだけやってやろうとな。

弾かれない攻撃のみを当て、直ぐに回避。ヒットアンドアウェイという奴じゃろう。

多少時間はかかったが、さほど問題なく終了。

それで金も出来たので、緑色ゲージになっている武器を作成可能になり、それを担いで再びクックへ。

まあ、問題なく終了。むしろ10分以内で終わった。

早い、そして弱い・・・・

こんな敵に昔は苦労していたのが、本当に嘘の様じゃ。

メラウでクック撃破



まあ、後は明日からじゃな。

明日から深夜番で、夜中出て行く事になるんじゃが、それまでやる事になっている。


・・・・そういえば、10月4日でモンハンの課金が切れるんじゃった。

わしの持っているカード、本人認証サービスが使用できないので、課金できないんじゃよな・・・・・

因みにTSUTAYAのWカードじゃ。新しく別なの作るかのう・・・・

今回は、また母親のカードを借りて支払ったほうが早そうじゃ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/370-46ef8176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。