秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説『O・H~オリジナル・ハート~』 第2話 出会い 6
なにやら台風が通過していった様じゃのう。

川が素晴らしく増水しており、濁流になっておったな。流されたら助からんじゃろう。

しかしまあ、被害と言うとそれくらいじゃろうな。吹き飛ばされるほど強い風が吹いていた訳でもなし、雨が降っていても数時間で止んでいた。

相変わらず福島って、台風とか来てもあんまり被害でんのう。盆地だからか?
珍しく通過するかと思ったが、この程度だったので少々拍子抜けじゃ。


それはさて置き、O・H第2話の6回目じゃ。これで2話分は見開き約8頁目。2話は残り、見開き約14頁あるんじゃよな・・・・


今回も前回分の更新分とそのまま繋がる形なので、間に一切空行は無い。読む場合は気をつけてもらえると助かる。






公開終了
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/345-87250d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。