秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説『O・H~オリジナル・ハート~』 第2話 出会い 5
と言う訳で、O・H~オリジナル・ハート~第2話の5回目じゃ。

メラウ大暴れ。という訳でもないか。

まあ、たまにはヒロインらしくしておれメラウ。という所じゃのう。


今日は内容が詰まってしまい、それを打破するのに1時間くらい悩んだのう・・・

流れは大体出来ておるんじゃが、それに繋げる為に悩んでいたんじゃがな。

前回の更新分にそのまま繋がる形なので、此処の間に本来は全く空白が無い。読むときは少し気をつけてもらうと助かる。



公開終了
コメント
この記事へのコメント
久々の小説読ませていただきました。
日を置いてもあらすじがよみがえってくるので、ストーリーに引き込む力は流石だなぁと感心してます。

んで、とりあえず気になったことを。

>やがて後ろから斬り付けられて体制を崩し、敵の連撃を受けてしまう。致命傷までは受けていないものの、とうとうメラウは倒れこんでしまった。
おそらく悩んだのではないかと思いますし、自分も言える立場ではないですが……
メラウに対して致命傷になった攻撃の描写、もうちょっと膨らませてはどうでしょうか?ここで緊迫感が解けてしまった感がありました。

>メラウの悲鳴が響き、そのタガルを睨んでいる美しい顔に拳が突き刺さって……いない。
「メラウの悲鳴」だと断言しないほうが良いのでは……?と思いました。たとえば
悲鳴が響き、そのタガルを睨んでいるメラウの美しい顔に拳が突き刺さって……いない。
などとしてみるのはどうでしょうか


とりあえずこんな所です。
今回も個人的意見なんで、自分の尊重するところがあればスルーしてくだされ。それでは~
2007/08/24(金) 19:56:24 | URL | さうざんと #93SSyXN.[ 編集]
確かに致命傷の部分は悩んだのう・・・・

ここ何回書き直したか分からん。
えーと、因みに致命傷までは受けておらんのじゃが・・・・
んー。少し考えてみる。

悲鳴の部分は、どうするかのう。メラウの悲鳴、と書いて、本当にメラウが殴られたのかと思わせる部分なので、ちょっと此処は直しづらいな・・・・
2007/08/24(金) 21:51:57 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
致命傷はまぁ、適当な表現です(^^;

悲鳴で疑問に思えたことで、気になったことをもう一つ書き忘れてました。
第三者の視点とは言え、男性と女性の悲鳴を聞き間違えることはまず無いと思うので、誰が悲鳴をあげたのか伏せたほうがいいのでは?というのも要因の一つです。とりあえず、参考になればよいかなと。
2007/08/25(土) 01:46:44 | URL | さうざんと #IdIRC2HE[ 編集]
ん~・・・・・

やはり少し悩むところがある。

しばらく考えてから、修正なりしようと思う。
2007/08/25(土) 22:14:58 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
なんか後半指摘部分は、仕方なく取って付けた様な未練がましい説明になってしまったが、妥協してこの位かのう・・・・

と言うことで、一応修正完了。
2007/09/06(木) 01:29:02 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/327-48b1a432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。