秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
バーベキュー大会
今日は会社主催のバーベキュー大会へ参加した。

会社というのは、わしが所属している派遣会社の方で、働きに行っている方では無いな。

全員出席している訳ではないが、結構な人が集まっておった。

川辺でやっており、木陰になっている所で行われておったな。まあ、あまりに日差しが強いので、木陰でもなければ日射病にでもなりそうじゃが。

会社の行事ではあるが、車を運転しなければ飲酒も可能なので、皆良く飲んでおったのう。

わしは元々下戸で飲めんし、車で来ておったから無理に進められることも無かった。

場所はわしの家からかなり近場で、最も利用する本屋の近くじゃった。なので自転車でも行ける距離じゃが、この暑い中自転車で動きたくは無かったな。


会場へ行くと、何人かがもう飲み物片手にくつろいでおったな。わしもジュースを1本拝借し、適当に座って駄弁っておった。

少しすると続々と人が集まってきて、最終的には何人来たか分からん。わしらと直接的に関わらん、別の課の人たちも参加しておるし。

後はひたすら肉を食いつつ馬鹿騒ぎ。
肉ばかりで野菜っ気が無かったのが残念じゃな。さすがに少しくどい。

ただ飲み物はかなり飲んだな。お茶ばかりだったが。
ああいう場で甘い飲み物だけ飲むのは辛い。

甘いジュースは、ペットボトルのスポーツドリンクが1本の、オレンジジュースの缶1本。
お茶に至ってはペットボトル5本くらい飲んだと思う。肉を食いつつな。

最後に出た焼きそばも2皿食い、一通り腹が膨れたところで食うのは止めた。

ただ今日面白かったのが、川辺で行われていたという事じゃな。

暑いからと、数人で連れ立ってズボンの裾を巻くって川に入って涼んだ。
それだけなら大して面白くも無いが、当然ながらそれだけでは終わらない。

此処まで来ると予想も付きそうじゃが、なんと着の身着のまま川へダイブした人が出た。

しかもどこぞのリアクション芸人よろしく、「絶対押すなよ!」等といいつつ目配せをしておるしのう。思惑通り押されて川へ飛び込んだ。

そこに現れた管理一名も勢いに載せ、飛び込ませた。

あれには笑った。挙句には、写真撮るからもう一回。
そうして笑いながら、飛び込み流されてみる。起き上がると、「まだ撮れていないからもう一回」と再び飛び込まされておったな。

わしは比較的ノリが薄いほうなので、そこまではせんかったが。

因みにコレは、大体中盤辺りの頃の出来事じゃったかのう。

そして一通り会も終わりを告げ、お開きとなった後で再び川へ入った。

最後はわしは川にすら入らなかったな。靴も靴下も履いていた為、一度入ると面倒じゃったからな。

そこで、先ほど最初にダイブした人が再びダイブさせられておった。そうしたら「助けに行くぞ~」等と2人目がその人めがけてダイブしておったな。

横では「じゃあ~さんも」とダイブを誘われて、笑いながら断っている人が数人。
その中の一人が結局落とされておったな。最後辺りは川につかったまま黄昏ておったが。

ひとしきり笑った後、わしは帰路につく事にした。ついでに、酒を飲む気でいた為送ってもらって来た、という友人。以前O・Hのイラストを書いてくれた奴じゃな。
そやつをわしの車で送り届けた後、ようやく家へ帰った。

本当、楽しかった。

明日も武琉氏とゲッティーの3人で川へ行くんじゃったな。

そちらもそちらで、面白くなるじゃろうな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/320-e85642c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック