秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説紹介『星宿姫伝』
今日は殆ど寝ていたので昨日読んでいた小説を紹介。
星宿姫伝 しろがねの継承 というタイトルで出版社は角川ビーンズ文庫。著者、菅沼理恵。
少女レーベルが主な出版社で、姉がわしが好きそうな内容だからと貸してくれた本。この本は2冊目となる内容。

星宿姫伝 しろがねの継承

前作、星宿姫伝 しろがねの誓約 の続編であり、主人公「白雪」が斎宮と呼ばれる、国を守る姫と認められるまでを描いた物語。

まあコレだけ書かれても何のことか分かるわけも無いので、興味がある人は読んでみることを薦める。
中華風ファンタジーと称されることもあるようじゃが、中身は和風ファンタジー。
世界観、人物設定、歴史設定などよく作りこまれていて、とても面白く読めた。血みどろな戦闘シーンも多々入り、本当に少女レーベルなのかと本気で疑ったほど。
挿絵などはまさに少女レーベルを彷彿とさせ、描かれる心境や捉え方等を見るとやはり少女レーベル。
しかし男のわしでも違和感なく読め、しかも続編がかなり気になるという状況なので、男女共に薦められる小説なのは確かじゃろう。

・・・続きが読みたい・・・・・姉にせがんでくるか。読むの早いと言われるだけであっさり貸してくれるかとは思うが。

ううむ。こんな小説が書けたらのう・・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/3-810a9d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。