秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
マナケミア嵌り中
これは良作だとわしは思う。

今までプレイしてきたアトリエシリーズの中で、一番気に入った。

好きな特定のキャラがいる訳ではない。寧ろ今回、あんまり気に入ったキャラはおらんな。


ただ、戦闘システムや調合システムが、従来のものと異なる。

これが中々難しい。そしてやりがいがあるのう。
調合システムは、まあ組み合わせにより同じ名前のアイテムでも異なる効果をつけられるというアトリエならではの調合システムじゃが。

しかし、組み合わせが同じでも、作る過程によって効果が変わってくることもある。

付けたい効果が出たが、その後に失敗して逆に変な効果が付いたりしたのう。


戦闘システムは、使用キャラの切り替えが面白い。

仲間になるキャラは全員で8人。戦闘に出られるのは6人で、待機が2人。

その6人も、3人が戦闘開始直後で、他3人はいつでも変更可能な控え。

大抵のゲームなら、キャラに順番が回ってきた時に交替を選択し、普通にキャラ同士を入れ替える。
このゲームの場合は少々異なる。普通に交替もできるが、攻撃した瞬間、または攻撃された瞬間に交替できるんじゃな。

此方が敵に攻撃したとする、そのときに○ボタンを押すと、控え側のキャラが攻撃しながら交替する。
つまり、交替前のキャラと交替後のキャラが連続で攻撃する形じゃな。同じ攻撃力なら、単純に2倍のダメージが出せる。

此方が攻撃された場合は、攻撃を受ける前に○ボタンを押すとキャラが交替され、交替後のキャラがダメージを受ける。交替後のキャラは防御状態で受けるため、ダメージも低くて済む。

交替後のキャラは、結構次の行動順が回ってくるのが早いので、大抵の雑魚ならダメージを受ける前に一掃することも可能じゃ。

ただし制限もあって、一度控えに回ったキャラは一定時間使用不能になる。要は待機時間じゃな。
待機時間でなければいつでも交替可能じゃ。


シンボルエンカウント方式で、敵シンボルに接触すると戦闘開始。
ただ、フィールド画面では剣を振ることが出来る。この剣を敵シンボルに当てると、弱い敵なら戦闘に入ることなくその場で消せる。そうで無い敵ならば、此方が先制攻撃状態で開始される。

先行状態なら、基本的に此方側が先に行動でき、控えキャラがいつでも行動可能な状態で始る。

逆に剣に当てられず接触して戦闘が始ると、全くの逆になってしまうんじゃ。
敵の先制攻撃で、此方の控えは一定時間使用不能と言う風に。


最近のイリス系アトリエは、スキルを使うポイントが個人で用意されていなかった。
パーティーで1つのスキルゲージがあり、攻撃をするごとに溜まって行くという形じゃった。

イリス系一番最初のエターナルマナでは、個人個人にSPなるポイントがあったんじゃが、色々システム面に難があり使いづらい代物だったからのう。

今回のマナケミアは、後者の個人個人にSPを持たせるタイプに戻された。システムも調整され、あまり長時間ダンジョンにいることは少ないし、控えにいる状態ならSPが自動回復される。

お蔭で結構使える。あまり残量気にせんでも、回復できるからのう。



他に特殊なシステムといったら、役割分担じゃな。

このキャラにはこれをさせて、このキャラにはこれを。と言うように割り振ると、自動的に色々な事を行ってくれる。

特定のアイテムを、材料消費無しで量産してくれたり。

特定のダンジョンから材料を採集してきてくれたり。

自動的に、経験値代わりのAPを取得しておいてくれたり。と、使いようによっては便利。

因みに雇っている訳ではないので、お金が必要という訳でもない。


ただ、時間の流れが少々早い。ゲーム内での1年が驚くほど短かった。一体どれくらいあるんじゃろうか?

まあ面白いので、これなら結構やり込めるかもしれん。

そういえば知り合いは25時間くらいでクリアしたそうじゃ。わしはどれくらいかかるかのう。今のところ12時間くらいじゃ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/271-19d13d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック