秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サントラ『ヴィオラートのアトリエ』

前々から欲しかった、「ヴィオラートのアトリエ」サントラを見つけた。

発売大本のガストショップでは売り切れで、半ば諦めていた物の為、かなり嬉しい。

ガストの曲は好きなんじゃよな。

まあヴィオラートのアトリエは、PS(PS2含む)版アトリエシリーズである意味最後のアトリエの様なゲーム。

それ以降は、イリスのアトリエに変わりシステムが大幅に変更されたからのう。

元々アトリエシリーズは、RPGの王道的な「主人公がボスを倒して平和が訪れる」という内容に真っ向から否定したような物。

自由度が高すぎ、基本的なストーリーのみでどう行動するかは自由。

当然ラスボスなんぞ存在しない。戦闘はあるが、システム的に言えばオマケ程度。

メインは採取等のアイテム集めと調合。

主人公の行動によってエンディングが変わる。

このゲームは、男性向きより女性向きなゲームであり、主人公も女性。
大抵のRPGはストーリーそのものが殺伐としているが、アトリエは長閑(のどか)で暖かい世界観というもの大きいのかもしれん。

最も特徴的だったのか、エンディング後のオマケ要素。
キャラの設定やら、作成秘話やら、声優のボイスコメントやら、背景等色々な項目があり、曲の項目ではそれぞれの曲ごとに作曲担当者がコメントを書いていたりと、なんとも豊富で楽しい。

ゲームを色々回らなければ全部埋めることは不可能な為、この上なくやりこみ要素が高い。

まあ、此処まで書いて言うのもなんじゃが、わしはこのゲームあんまりやり込めなかった。

というのも、日数制限があり、戦闘よりアイテムを作るのがメイン。ストーリーも土台くらいで基本的に無い。

このゲームは何週もするようなゲームなんじゃが、1週目で殆ど飽きた。

何とか最も難易度が高いトゥルーエンディングは達成させたが、それ以降は続かなかったのう。

女性向けなので、RPGがあまり好きではない姉に預けてみたら、しっかり嵌っておったが。

根気強いのか、たった1週で攻略本もろくに使わずトゥルーエンディングを達成させてしまった。流石・・・


わしがこのゲームを買う事になったのは、コレの後に発売された「イリスのアトリエ」を買った為じゃな。

イリスのアトリエは、今まで培ってきたアトリエの世界観を一蹴し、王道的なRPGと同じようにストーリーを進めていく物に変わった。

ついでにオマケ部分はえらく減った。最近では無くなったな。

もちろん戦闘システムも前作と比べて、はるかに細かくなった。

何でも、作品が進むにつれて調合システムがどんどん難解になってしまい、新規ユーザーが付かなくなってしまったからだとか。

そのため、調合などある程度のシステムを残しつつ、新しいアトリエを製作したのが「イリスのアトリエ」という訳。
最近では、ガストが製作するゲームはイリス寄りの物が主流となっている。

確かイリスのアトリエが発売された頃、わしは調度バイトを始めたんじゃったな。今まであまり買わなかった(買えなかったという理由もある)ゲームでも買おうかと、ゲームショップを歩いていた所、店頭宣伝していた為面白そうだと買ったのがきっかけじゃな。

OPも気に入り、システム面に色々難もあったが面白かったので、前作でも買ってみようかと中古屋で購入したんじゃったのう。

話には聞いていたが、随分システム差があって結構辛かった。

ゲームはまあなんとも言えんが、曲が気に入りサントラだけはどうしても欲しかったんじゃよな。

わしが最も気に入ったのは、「疾風」という曲。BGMなので歌詞は無いが、曲の中盤あたりで流れるピアノ演奏がなんとも言えない。
当時わしはまだピアノ習っておったからのう。そういう意味も合って、こんなの弾けたら良いなと思ったこともある。

・・・・楽譜欲しいな。まあ、無いとは思うが。
コメント
この記事へのコメント
ガストの楽曲は良いもの揃ってるようですねー。民族・アジア風なテイストは大好きです。

私もついこの間、久しぶりにサントラなるものを買いましたね。アーマードコア4です。
OVAファンタジアのサントラ以来か……
アジア風だったり、現代ポップ系だったり、オーケストラ風だったり……私は耳に残る良い楽曲があったら、直ぐに手を伸ばしたくなるので、無駄に幅広いジャンルをカバーしてますね(^^;

アトリエはマリー?だったかな。それの携帯版を1週だけしました。やりこみ要素は強いですが、私はどうも収集とかのやりこみは苦手で、肌には合いませんでした。

今のシリーズだったらあれなんでしょうけど、ほかにやりたいことがあるし、お金が回せないし……ですね。
2007/06/14(木) 23:11:31 | URL | さうざんと #WVb5vgCk[ 編集]
お師匠様へ(一括)

ガスト系の曲だけを聴きたいのならば、『アルトネリコ』というゲームの曲を勧める。

アレなら、原作知らない人でも聴いていたりするくらい、綺麗な曲が多い。
わしも曲を聴き気に入って、そのままの勢いで何も知らん姉に曲を押し付けたが、結構気に入ってもらえたし。

小説は結構迷ったんじゃよな・・・・

空白入れるべきか、入れざるべきか。
やはり境目が分かり辛いかのう。
2007/06/15(金) 20:35:31 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/259-45be0122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。