秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島の名産を送る
やっと今日で一週間が終りじゃ。

本来なら来週から交替になったんじゃが、機械の改造が終らんとかで更に2日伸びるという最悪な状況。

もう長くて長くてのう……しかも練習の方で動かしてる機械の方は大体ぶっ壊れててまともに動かないという。

何してろっての。

測定の練習しろとか言われるが、測定の機材って全部で2種類あるんじゃよ。でも片方は2つ、片方は1つしかないという不足具合。最大で限界4人まで何とかなるんじゃが。

でもあそこ9人居るんじゃぞ?

どう足掻いても暇なんじゃが。



まあやっとのことで1日が終り、今日の出来事。

今日は青さんと約束があってな。

前々から白さんに福島のお菓子やら名産品やらを送ろうって話をしててのう。いつ行こうとずっと前から言っていたんじゃよ。

ついでに最近色々とお世話になってるレイさんにも送ろうと、住所も聞いてきたしな。

とはいえ青さんは早番、わしは日勤。あちらの方が1時間以上も終わるのが早いんじゃよな。

仕方ないので待ってもらうことに。

にしても外の天気悪いなー。やたら寒いし。


合流して、まずは白さんが前に気に入っていた『いもくり佐太郎』を買いにじゃな。

こらっせ福島って場所に行く積もりをしてたんじゃが、そこでコレが売ってないと困るということで先に別の場所で買うことにしたんじゃのう。

目的の物を購入してから、こらっせへ移動。

まあ発送となると流石に色々と面倒くさいな。てか発送費が地味に高い。片方500円の片方600円じゃったし。端数切捨ててるが。

物自体はそれほど高くないが、発送費で高くなってる感じじゃのう。

結構面倒臭かったが、取り合えずなんとか発送した。あとは無事に到着することを願うだけか。

それが終り、最後に上手いラーメン屋があるということで食いに行くことに。

こうして青さんと飯を食いに行くのも久しぶりじゃな。まあ、班変わったしな。

今は働く場所も変わってるが。

さてさて、一体あの2人はどんな反応するかのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/2027-87422732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。