秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまり良いニュースが無いな
いじめなどで自殺をする学生が増えているそうじゃのう。
嘆かわしい。

どんな理由があるにせよ、いじめは許される行為では無い。いじめをしようと考える人間は、精神が未熟で人の痛みを分からん下賎な輩じゃ。
何故こんな人間ばかり増えるんじゃろうな。
しかし、いじめられたからと言って自殺する人間も許せん。
自殺する決意が、そして勇気があるのならば、助けを求めることなど容易い事じゃろうに。何故この世に生まれた自分の存在を、死と言う形でしか表せなかったのか。
その決意と勇気を別の方向に突き動かせば、あるいは今頃元気に学校に行っていたのではないかと。
わしはまだ子供じゃから完全には理解出来んが、自殺で子供を亡くした親は、さぞかし苦しくて悔しいじゃろう・・・

折角親に産んで貰ったんじゃ、何故その命を自ら棄てるのか。
自殺する理由を作った人間は最も許せん。しかし自殺しようとした人間や、自殺した人間も同じくらい許せん。
いじめに屈するくらいなら、意地でも生き抜いてみせよと、そう思う。


もう1つ許せんのが、これも最近増えている子を殺す親じゃな。虐待するのも許せん。

わしは、実際あまり子供が好きではない。しかし、いずれは親になることもあるじゃろう。
他の子供はどうであれ、自分の子供は自分自身でもある。
それを殺すとは、一体己は何様のつもりじゃ。
親は子を守る者。己が生んだのじゃから責任を持って育て上げるのが宿命じゃと。それを放棄するのは人としてあってはならん。

己が死ぬときに、面倒を見るのは己が育てた子供なんじゃよ。
これはわしの母親が昔言っていた言葉じゃが。
「死ぬ時は誰に見てもらうって、子供が面倒みるんだから。他人の子供に見て貰うもんじゃない」
最初は意味がよくわからんかったが、考えてみれば当たり前じゃな。


最後に。
子供を突き放すのも親の役目。いくら可愛いからといって過保護に育てては何も出来ん。
教師に少し怒られたくらいで虐待だ何だと騒ぐ親も、どうかと思うがな。
子が好きなのは良いが、度が過ぎるのは子が育つのを妨げるだけじゃ。
じゃから教師が大きく言えんのでいじめも発生するんじゃろうしのう。

わしもいずれは親になるじゃろう。気をつけんとな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/19-3d9fefbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。