秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廃坑
マインクラフトプレイ中。
今日は整地に飽きたので、整地範囲から少し外れた場所にある洞窟探検へ出かけることにした。

少し前。確かトラップタワーが完成した少しした後くらいに、モンスターの沸き潰しを行ったんじゃが、その時に見つけてた洞窟じゃな。

100マス範囲の枠を削ってるときに、ここの洞窟と繋がってしまい、必死こいて松明を立ててた場所じゃのう。

その松明立ての時に、結構な量の鉄や石炭、レッドストーン。更にはダイヤモンドまで埋まってるのを発見したからのう。

装備を整えて近いうちに探索しに行こうとは思っていたので、整地に飽きたついでに掘って来ようと思った訳じゃ。

取り敢えず一番欲しいダイヤモンドは、鉄以上のつるはしで無ければ採取できんので、鉄のつるはしは必須じゃな。

後は食料と、石のつるはし、スコップ、大量の松明。

と言うことで、いざ。


って勇んで出てきたのはいいが、看板を持ってくるのを忘れてしまい、そのままUターン。
今書いてるときも既に忘れてたが、この時も完全で看板の存在を忘れてたので本当に戻った。

まあこの看板で入り口の場所を指し示しておかないと、わしの場合は確実に迷う。方向音痴じゃしな。

100マスで囲った溝の枠より先に入り口があるため、飛び越えねばいけない距離なのが面倒なところ。通常のジャンプではまず届かないので、ダッシュジャンプで向こう側へ。

入り口付近に、目印として無駄に高い塔(設置時に降りるの失敗して落下死した)があるので、特に迷うことなく到着。

ちと周りの樹が邪魔で動きづらいな。

入って降りると、直ぐに広い場所に出るのでまずここに看板設置。松明で囲って分かりやすくして、先に進む。

目に付いた石炭やら鉄は掘る。

掘りつつ、ゾンビスポーンを発見。取り敢えず沸き潰しをして、先へ進む。行き止まりだったが。

別の道に看板を立てて、最初に立てた看板の方向を指しておく。これで迷わんじゃろう。


そんな感じで大分奥へ進むと、溶岩発見。確かこの辺にあったような気がしたので、付近を探索。

と、ダイヤモンド発見。最初に来たとき松明を置きまくってきたので、特に敵とも遭遇しないし良い感じじゃ。

最終的にダイヤモンドを7つほど入手。他にもないかと探ってみたが、見える範囲には取り敢えず無さそうじゃ。


しかし帰り際、なんと廃坑を発見してしまった。見上げなければ無い場所にあったので、今まで気付かなかった。


ちなみに廃坑ってのは、まあ一種のダンジョンだと思って良いな。人の手が入ったように木で枠が組まれており、トロッコのレールが設置してある。どうやらスイカの種とか、特殊なアイテムが取れるらしい。

結構奥が深いようじゃが、溶岩が道をふさいでる場所がちと多いな此処。

水もバケツも持って来ていないので、取り敢えず下手なことをせず通れそうなところを通る。

一箇所潰せそうな場所があったので、土ブロックでふさいで先へ。

するとスケルトンの音。暗い場所なので沸いたっぽいな。

ダイヤモンドとかレアなアイテム持ってる状態なので、本来ならここで引き返して置いて来れば良かったんじゃがなー。欲を出してしまい、そのままスケルトンの音がする方へ。

スケルトンは遠距離攻撃してくるので、接近せねばならん。しかし、位置的にこちらの攻撃は当たらないがあちらの攻撃は当たるような関係になってしまっているので、周りのブロックを壊してスケルトンの正面に降りる。

この時点でHPは約半分。スケルトンは何度か攻撃を当てているのでもう直ぐ死ぬ筈、ってことでごり押し。

スケルトンは無事倒したんじゃが、後ろからダメージを負う。すると、真後ろにはもう一体のスケルトンと、さらにゾンビまで居る。

正直こうなったらもう終わったと言って良いな。物凄く狭い場所なのに、来たのは上からなので逃げづらい。

なんとかスケルトンだけでも倒せれば、ゾンビはダメージを受けずに倒せるのでスケルトンに狙いを定めるが、ゾンビが割り込みスケルトンが後退する。

そして案の定、そのまま押し切られてダウン。デスルーラ。

さて参った。ダイヤモンドをロストするのはかなり痛い。痛すぎる。

幸いそれほど遠くないので、アイテムを持たずにダッシュで先ほどの場所へ。5分以内に戻れば、死んでばら撒いたアイテムは回収できる。

洞窟内で地味に迷いながらも、微かな記憶を頼りに、なんとか時間内に到着。

良かった、ダイヤモンドは無事じゃ。

そして先ほどのゾンビとスケルトンは居ない様子。近くにマグマがあったので、自滅でもしてくれたんじゃろうか。

まあ居ないのは幸い。

んでまあ、此処でそのまま戻るのがベストな方法だったんじゃよな。

更に奥へ進むという暴挙を犯す。

すると、モンスタースポーンブロックを発見。しかしモンスターの姿は無い。

近くに水源と溶岩源が隣接してるので、これ以上はあんまり進みたくないなと思った時、行き成りダメージ。

後ろを向くが何も無い、が。少し動いて下を見ると、蜘蛛の姿。

って、このスポーンブロック、蜘蛛のか……

蜘蛛は地味に厄介じゃが、HPはまだ余裕があるので何とか倒す。しかしHPがかなり減ってる状態。

さて、スポーンブロックの沸き潰しをしないと邪魔だと考えて再接近。すると再び行き成りのダメージ。
蜘蛛って位置が低いので、正面だと意外に分かりづらいんじゃよな……

後ろに下がって倒そうと思いきや、なぜか動けない。更に、剣を振っても敵に当たらない。敵の攻撃も当たってないっぽいが、HPは減ってる。
……たまーにあるが、変な位置に挟まって動けない状態になっているらしい。ぶっちゃけ若干バグってる。そのうち直るんじゃが。


この蜘蛛をよーく見ると、通常の蜘蛛と違って緑色をしている。ってこいつケイブスパイダーって別な蜘蛛じゃな。

攻撃を食らうと毒状態になり、HPが減っていく。妙にHP減ってると思ったらこいつの仕業らしい。

そして瀕死状態に陥る。毒では死なないらしいが、この状態で何か攻撃を受けたら死ぬ。そしてこちらは身動きがとれずに攻撃も当たらない。

となれば、最終的に死ぬしかない。最終的に敵の攻撃が当たり、再びデスルーラ。


ダイヤモンドのロストだけは避けねばならん。ってことで、再びダッシュで先ほどの場所へ。

近くに溶岩があったということは、最悪落ちて消えてる可能性が若干あるので、かなり焦ったな……

必死こいてなんとか到着。そしてアイテム確認……と、よし。なんとかダイヤモンドは手元にある。

先ほどのケイブスパイダーは居ない。これ以上沸いてまたロストする可能性があっても嫌なので、今度こそ拠点へ戻る。

外は夜だったが、幸い敵と遭遇することも無く到着。ダイヤモンドを貴重品入れに使ってるチェストへ収めて一安心。

ふう……なんか、自業自得とはいえ、疲れたな……

さてさて、これでダイヤモンドは20個くらいじゃな。そろそろダイヤつるはしとかダイヤソード作ってもいいかも知れん。
とりあえず、今日は此処までじゃ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1882-00ecd2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。