秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何か道がある
昨日少し言っていてたが、マインクラフトの自宅周辺の地形を整地していた。

結構膨大な時間がかかるのが予想されるんじゃがな。

とはいえ、でこぼこしたままだと見通しが悪い上に、意外と光が届いておらず敵が沸く事が多い。

トラップタワー近くなこともあるし、一定の範囲はやはり綺麗に削り取ったほうが良いな。

ってことで、仕事から家に帰ってきて飯を食った後、2時間くらい黙々と作業。

そろそろ寝ようかと思ってアイテムを自宅の倉庫に収めようと思った時、自宅の後ろに見慣れないものがあった。

ものすっごく不自然で、異様にでこぼこした橋? の様な物が伸びていた。

家の後ろは海のようで、離島が見えるんじゃが。その先までずっと伸びて、目印であろう松明が置かれていた。



此処最近ずっと一人でやってたから忘れてたが、そういえばここは職場のKさんと、Kさんの知り合いとの3人でやってたんじゃよな。Kさんは最近リアルが忙しいとかで、あんまり入ってこないので。

わしに合わせてやっていてくれていたので、大体はわしにやらせてくれてたんじゃが。その2人は別な場所に拠点があるんじゃしな。基本はそっちでやってるらしいし。


さて、この作り方は……Kさんという感じはしないな。というかどう考えても、もう一人の方じゃな……


というかいつ作ったんじゃろうか、ってか多分昨日の夜くらいか。調度死角になってる場所だったため、気付かなかったが。


目印の松明をたどって先に進むが、これがかなり遠い。

やっと松明が途切れたところにたどり着くと、大地が割れるようにして洞窟が覗いていた。これの目印のためだったんじゃな。

道具はある程度あったが、あんまり時間も無いので手を付けずにそのまま帰ったんじゃが。

ってかその辺の樹が物凄く適当に刈り残ってたので、ついでに燃やして帰った。
自分も燃えかけたが。

連絡が付いたら、話を聞いておこうかのう。

取り敢えず、今日は最終日なので仕事行って来よう。あとは明日以降。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1872-2f40fb48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。