秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
回路難しすぎる……
職場の人。まあマインクラフトを進めてくれたKさんに誘われて、今Kさんの知り合いが居るサーバに繋いで、マルチプレイをしている。

とはいえ、Kさんともう一人との3人じゃがな。他にもっと人がいるらしいんじゃが、まだあったことは無い。

何も無い新天地に、最初から作ろうって話でのう。

スカイプを繋いで、3人であーだのこーだのやってる訳じゃ。


お陰ですこぶる楽しいぞ。

声で意思疎通をしながらゲームやるのが、一番楽じゃよなー。色々捗るし。



さて、今日の話は、このマインクラフトのシステムである、レッドストーン回路について。


レッドストーンというのは、その辺の洞窟で掘れる、文字通り赤い石じゃ。

この石を用いることで、簡単なものから多少複雑なものまで、ある程度の回路を作って動かすことが出来る。

たとえば、ドア。

ドアの前に踏むと動くスイッチを押すと、そのドアが開く。離れると閉まる、という簡単な装置がある。

ここでレッドストーンの回路を組み込むことで、2つ設置したドアを観音開きにすることが出来たりする。

理解しないと、簡単な回路でも難しいんじゃがな。

これはごく簡単な部類なんじゃが、完全に理解している人などは、せり上がる壁を作ってみたり、トラップを作ってみたりなどなど、工夫次第でいろんな事が出来る。

理系の人は得意じゃろうな。わしはさっぱりじゃ。


今回わしが挑戦してるのは、自動収穫機。

作物を植えて、成長した後に、自動で収穫できるようにする回路を作ろうと思ってる。割と良く見るタイプの様じゃ。

ただまあ、結構制約が多くてなー。辺に隣同士が繋がってしまったりするとアウトじゃし、かといって隣り合ってる以上分断は出来ないし。

一応構造は簡単で、収穫物の上に水が流れて、全部押し出し一箇所に集めるというだけ。ボタンを押すと壁が落ち、水が流れる。ボタンから離れると、壁が上がって水が止まる。

しかしこれが中々上手く行かん。今日は時間が足りずに、中途半端で放置して終わったしのう。

制約のお陰で、場所をとるためかなりでかいスペースが不自然にくっついてるしな。


最初に図面でもひいて、回路から作ってその上に作ったほうがスマートじゃったよなコレ……

今となってはもう、横から繋ぐしかないんじゃが。

取り敢えず、今日はもう寝て、明日仕事から帰ってきたら続きをやろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1863-1d516c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。