秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曲がりなりにも猫
今日ではなく昨日の話。

寝る前に風呂へ入ってる時の事じゃった。

なんか廊下で、茶太郎がドタバタと走り回ってる音がする。家族は寝てる、というか部屋に居るので、誰かが構ってる訳ではない。

風呂には入ったばかりなので、直ぐに出ることは出来んからそのまま放置してたんじゃが、ずっと騒いでる。

しばらくして音が聞こえなくなった頃、調度わしも風呂から上がったので、取り敢えず何をしてたのか覗いてみると……

何か舐めてる。戸を開けたときこっちを振り向いたものの、直ぐに向き直って何か舐めてる。

暗い廊下なので、戸をあけても上手く光が当たらずよく見えないが、猫がどけたので目を凝らして見てみると。


体長10センチほどの小さいネズミが横たわっていた。動かなくなってるから完全に死んでるな。

夜な夜なネズミ捕りしてたかこの猫は……

昔は飼ってた同じくらいの大きさのハムスターから、ガチで逃げてたくらいなのに、珍しく猫っぽいことしたな。

まあハムスターは、母親から思いっきり怒られてたから手を出せなかったんじゃろうとは思うけども。


にしても、こんなに小さいねずみをよく捕まえたもんじゃな。さすがの猫って所か。曲がりなりにも肉食動物。

別に食ってた訳ではないが。

最近妙に挙動不審だったのは、ネズミ取りをしてたせいらしいのう。

少し前も捕まえてたらしい。珍しく母親に褒められてたな。

ちなみにネズミの骸は外のドブへ捨てた。床は多少血が付いてたので、キッチンペーパーを濡らして拭き掃除。


この猫も、結構な歳なのに、よくやるもんじゃ。もう10年以上生きておるしな。

この調子では、まだまだ死にそうにもないな、この猫。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1846-07693c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。