秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
明日は最終日
明日は早番最終日。

明後日休みじゃ~。

しかも今回は、いつもの早番終了後の休日とは少々異なる。

なんと、1日休みが長い。

何故いつもと違うかと言うと、わしが今居る班に関係する。
わしが今所属している班は、3組3交替。今までは4組3交替じゃった。

4組3交替は必ず機械が動いているので、交替交替で休日になる。4組中、1組は必ず休みの班がある。

3組3交替は、土日は必ず休みなので月~金までは必ず全部の班が出勤するが、土日はどの班も休みになる。

4組3交替だと早番の休日に1日ずつ早まって行く間隔なので、休みの曜日がどんどんずれるが、3組3交替の場合は定休と言う事になる。

何故早まって行くかと言うと、休みと仕事を、“日”ではなく“時間”で区切っておるからじゃ。

1日24時間。仕事時間が休憩時間含むで8時間。残り16時間は休み時間。
これが通常時の考え方。
そして最終日になると、休みになるというよりは休み時間が増える事になる。
つまり8時間の後、56時間の休み時間が与えられる。

仕事と休みの一回りを1週間と考えてみるといい。

本来1週間は168時間じゃが、この場合1週間が160時間の計算になる。

8時間ほど短いので、当然ずれて行くんじゃな。

3組3交替は時間よりは日の区切りになる。

しかし深夜番と遅番は、4組3交替と変わりない。深夜番の場合は終了時間こそ日をまたぐが、開始時間はなんとか7日で区切れるからのう。

じゃが早番の場合はそうは行かない。その為、1日休みを伸ばして調節する訳じゃ。

尤も、純粋に休みが伸びるのではなく、別の日に繰り越されるだけなので得をした訳ではない。

2回に1回の早番が、5日ではなく6日になるんじゃ。
そうすれば、働く時間は4組3交替と全く変わらない。ただ機械が止まる日が出来上がるというだけで済むんじゃな。

1日分の働く時間を増やす。つまり8時間を160時間に足すんじゃ、通常の1週間と同じになる。

しかし、このシステム考えた人は凄いのう。綺麗に揃えられておる。
早番の次の休みは、日数で言うと1日しかないので短いと嘆いている人は多いんじゃが、実は全く同じなんじゃからな。

まあ、そんな訳で明後日からの休みはは少々長くなる。

因みにこの3組3交替は、5月一杯で終了して再び4組3交替の班と融合させる。
その前に1回だけ6日働かねばならぬ早番はあるが、そんな気力など持ち合わせておらんので有給使って逃げる。

今までの出勤率100%なんじゃ、有給使って休むくらい良いじゃろう。
そういえば今日、風引いたから明日休むと言った人が居るらしい。その為、明日残業してくれと頼まれた。しかし

御免被る!

という事で、わし同様断る人が多い最中、拒否して帰ってきた。

行き成り体調崩して突発的に休むような軟弱者より、前々から伝えて有給で休む方がよっぽどマシじゃろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/183-696025e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック