秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前言っていたゲーム
自分の名前がどうとか言っていたあれじゃ。

近場に売っているらしい、とやる夫から情報を貰った。なんならロッカーに突っ込んでおくとか言われた。
さすがにそれは止めてくれ。エロゲの箱を職場から持ち帰る勇気はいくらなんでも持ち合わせてない。

……ってをい、その前に特定するの早いな。

いやまあリアルに顔つき合わせてるので、当然わしの名前知っておるしな。

にしても、何でこのゲームの存在知ってるのやら。わしの記事を読んで知ったのか、それとも元から知っていたのかは知らんが、まさかガチで特定されてるとは思わなかったぞ。

お前どのキャラが狙いなんだ? とか言われてふと思った。本気でどんなキャラが居たか覚えてない。

あれだ、自分の名前に近くてテンションが上がったいただけであって、中身そのものについての情報を殆ど記憶してない。



取り合えず今、裏の方でブラウザ立ち上げて確認。

ふむ、取り合えず黒髪の長髪キャラにしておこう。というかこのキャラを漠然と覚えてた程度で、メインヒロインっぽいキャラの顔とか全然覚えて無かった。

ってかやる夫の方が知ってるってのも不思議な感じじゃ。

まあ、どのキャラ狙いってか、一通り全キャラのルートは見る積りじゃがのう。


わしの嫁キャラはメロウであって、他のキャラは狙いとか言われても割かしどうでもいい。というかメロウの元ネタゲームやりたいが出すのが非常に面倒くさくて手が出ない。

いやまあそれはさておき。


近いうちに、そこに見に行ってみるかのう。値段次第では買うかもしれん。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1704-255e6d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。