秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書く事無かったが、後に暴走
さて、書く事が無い。ゲームとか遅番に入ってから全然触ってないからな。

強いて言えば、今イリスのアトリエ1、2のアレンジBGMを聴いているくらいじゃな。どの曲も格好良くて困る。
テンションだけは異様に上がるぞ、このCD。

これ以外のシリーズでもこういうCD作ってくれれば良いのに、ガスト。出たら即決で買うぞ。

んー、まあイリスとかマナケミアみたいな普通のRPGは最近出してないしな。あっちはあっちで結構好きなので、そのうち出してもらえると嬉しいんじゃが。

2Dで。

ガストの出すゲームって、どの作品も安定してるからのう。インパクトには欠ける物は多いが、作りは結構丁寧じゃし。

今の所わしが知ってる中で一番の駄作は、アルトネリコ3じゃろうか。色々バランス悪かったし。



んな事言ってたら、イリスのアトリエ1をもう一回やってみたくなった。

ってかベスト版欲しいな。通常版は持ってるが、戦闘システムのバランスとかが悪くてな。一部で変に強い雑魚が多かったりするし。ベスト版は修正されてるっぽいし。

特にブラウニー系。
アトリエ系最高の剣技であるアインツェルカンプを雑魚なのに使える(何故かイリス1のPTメンバーは誰も使えない)くらい火力はあるくせに、HP1で踏みとどまるガッツの発生確率が高すぎてHPを削りきってるのに5ターンくらいざらに生き残ってる場合あるしな。

特定の場所に出る攻撃受けると毒にしてくる奴まで居る始末で、痛い毒になる全然死なない、とまあたちが悪すぎる敵だった。

回復アイテムは1種類につき9個までしか持てない上に、回復するスキルとか確か無いので、状態異常は割りと致命的。


とはいえ、シナリオも結構面白いし、アイテム拾ってきて合成したりするアトリエならではのシステムも弱いながらあるし、地味に難易度は高いが面白いゲームじゃったな。

街中に有るもの破壊して、アイテムの材料補給したりできるのは面白かった。

当然ながら曲も良いし。

イリスのアトリエ1のOP、『白夜幻想譚』は神曲。これがあったからわしはルーン文字に嵌ったんじゃしのう。

今でも最初のフレーズは覚えておるぞ。

マンナズ・ウィン・テイワズ マンナズ・アンスール・ギュフ イェラズ・ソウィエル ベオーグ・ナイシズ・ヤラ

って所。ゲームをクリアすると出るおまけに、解説も乗ってたしなー。ヤラの表記が間違ってイサになってたのも何故か覚えてる。


……書く事ないとか言いつつ、色々と暴走したな。

さてさて、そろそろ眠くなってきたし、寝るかのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1703-d7ff132f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。