秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想文書こうとしたものの
感想文書くために本を手に取った。

ってかこの本、別に物語になってるわけではなく、今までこの会社がどうやって成長してきたかを、殆ど箇条書きに近い形で書いてあるだけなんじゃよな。

感想書きづらい書きづらい。

何をしたか題を書いて、1頁強を使ってそれについて軽く説明してるような感じ。

これで感想書けって、なんつー難題出してくるか。新入社員全員に書けって出してるらしいし、嫌がらせに近いな。

まあ真ん中付近の40ページくらいしか読んでないがな。面倒くさいし。

どうせ感想じゃし、結局は自分のこと書くしかないしなー。あとは目標的な事で大半埋めれば文句無いじゃろう。
結局こんな風に先人たちは頑張ってきたんだよ、ってしか書いてないんじゃからな。




そんなこんなでザラっと書いたんじゃが、どうも文が伸びん。

ついでにこれに書けと出されていたレポート用紙を会社に忘れてきたので、どのくらい書けば良いのかも分からん。

一応完結まで書いたんじゃが、なんか量少ないな。普段なら無駄に余って削り作業に入るのに。


やっぱり小説とは違うか。書きたくも無い文章ってのにも、理由はあるんじゃろうし。


取り合えず職場からレポート用紙回収してこよう。話はそれからじゃな。

まあもうちょっと付け足して増やしておくか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1693-74447a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。