秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いわき市へ。ってか疲れた……
昨日言っていた通り、いわきの親戚の家に行ってきた。

まあ最近は結構有名じゃから、名前を知ってる人も多いとは思うがな。嫌な知名度もあったもんじゃが。

いわき市は、一部が原発30キロ圏内に入っているという、それだけを聞くとなんかやばそうな場所に思える所じゃ。

まあ政治家連中はまず来ないじゃろうな。来てもどのぞの官房長官見たく、フルアーマーで現れるかのどっちかじゃろうのう。

んでも意外と出ている放射線濃度低いんじゃよな。福島市の方が高いくらいじゃ。まあ福島市は盆地なので、一回入ってくると中々出て行かないって難点があるからちと高めなだけなんじゃが。

取り合えず、今の所はそれほど問題は出ないだろうって場所じゃな。一応は。ガンが発症したら今の東電役員と今の政治家の首を取りに行くだけだから問題ない。

それはさておき。

今回の目的は、いわき市に住んでいるおじさんの家に行くことじゃ。母方の祖母の妹だったかのう? の旦那さんじゃな。

昔からわしはかなりお世話になってる人で、直接の孫ではないが、孫同然に可愛がってくれた人でなー。

そのおじさんが、手術して少し前に退院したというのでな。遅くなったがお見舞いに行ったんじゃよ。当然お見舞金などなどは持参。


福島市からいわき市までは、結構遠い。60キロ以上は離れてる上に、山沿いを走るのでカーブだらけの道を進まねば成らん。大体片道3時間はかかるんじゃよな。

取り合えず、方向音痴のわしが一人で行けるわけが無い。道覚えて無いし。というか元々母親が行く積りで、わしも休みだから行くと行った形じゃからなー。

まあ車出すのも運転もわしなんじゃが。母親が横でナビゲートする。
いわきに行くならと、祖母も一緒に行く事になったので、途中駅まで向かいに行って拾ってきたんじゃがのう。


ただな……

酷かった。何が酷かったって、母親の意味不明な指示が最悪なほど酷かった。

知ってる道をそのまま行けばなんの問題も無かったのに、何故か知らない道を通らされたという事じゃ。

本人すら意味が分からないと言っているのに、他の人間が理解できるわけが無い。

何がしたかったのか。
うちの父親は仕事柄色んな場所に行くので、色んな道知ってるんじゃよ。だからその父親が通ったりしている道があると言うので、それを目指したらしいが、あまりにノープラン過ぎて完璧に迷った。

何せ誰も行き方知らないんじゃ。迷わない訳がない。「この道のどっかを曲がるんだ」とか言われて曲がれる人間居ると思うか……

そしてその後の母親の指示は更に酷く、完全に2本に道が分かれてる状態でも、分からないからと指示を出さずにそのまま行ったりな。

運転してるわしはどないせーと。

後ろに乗せている祖母がまだ指示を出したお陰で何とか持ち直し、表示されている看板で大体の場所を見ながら走行。

何度かUターンをしながら、やっとのことで知ってる道に出ることが出来た。何か凄く細い道とか通ったがな。

ちなみにその道に詳しい父親は今日仕事で、しかもいわき市に行く途中の病院だかで仕事してるらしい。内装業じゃしな。


なんか最初からグダグダだったものの、無事到着。それにしても、どうしてこうなった。


さてまあ、やっぱり地震の影響がちらほらと見受けられるな。もう少しで到着だ、って毎回通るという裏道を通ったら、封鎖されてて戻るしかなかったとかあったし。

それでももう結構復興してる様子。この辺はもう問題なさそうじゃな。


おじさんとおばさんは結構元気そうじゃったぞ。飼われてる小型犬も元気そうに走り回ってたし。

わしは到着して、割と直ぐにへばってたが。昨日1日寝てたお陰で、1時間程度しか寝られなくてな……結構きつかった。

その場に1時間くらい沈んでたしのう。


滞在時間は大体3時間程度。母親が明日休みじゃないので、日帰りなんじゃ。さっさと帰らないと日が暮れる。

特にこれという事はできなかったが、おじさんたちの顔を見れたのでよしとしよう。


帰りは、調度父親の方も仕事が終わったというので、途中で合流して一緒に帰ることになった。

一緒にとはいえ、父親の車の後ろを付いて行くだけじゃが。

後はそのままぶっ通しで3時間じゃ。ってか他人の車の後ろを付いて行くのは疲れるな……気が抜けないし。


最後に祖母を駅に下ろし、そのまま帰宅。


疲れたな……今日は本気でぐっすりと寝れそうじゃ。


取り合えず今日の教訓。


今年中に絶対カーナビ買おう。でないとそのうち死ねる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1687-99f863a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。