秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント返信
まあ、昨日言ったようにまた3月20日の『東電への怒り』って記事に新しいコメントを貰った。

今度は確実にわしの言動に否定的な内容じゃ。


地震と、津波は東京電力が起こしたのですか?決して事故を会社が起こしたわけじゃないですよね。
では、地震と津波で家が流されましたが、建築家がちゃんと立てなかったからですか?
想像を絶する地震が起きてしまったからですよね。

怒りをぶつけたいのもわかりますし、俺も生活は不便です。
ですが、地震が起こり助け合いや支えあいの気持ちでは無くこういった文章を読み
とても辛く悲しい気持ちになりました。



取り合えず福島県の人間じゃないよな。これで東京の人間なら即刻殴り飛ばしてるが。
ってか、批判したいならブログ内容をよく読んでから投稿しろっての。誰も地震と津波を東電が起したなどとは言っておらん。
そして建築家の例をどう見れば良いんじゃ? 論点が全然違うぞ。

安全だとうたっておきながら、結局しっかりと管理せず、壊れるのを嫌って対処を渋ったりしてるのが原因だといっておるんじゃ。やることやっててこうなったら怒ったりせん。


IPアドレス見た結果、どうやら携帯からのコメントらしいので、どこの県だか把握できんかった。

にしてもな、このコメントは実際に放射能の危険性を一番浴びてる福島県の住民に言うべきコメントじゃないよな。

ハッキリ言って、最初はケンカ売ってるのかこいつ。とか思ったぞ。

職場の人にも見せたが、当然いい反応する人は居なかったしな。

それに書いてることがなんか中学生臭いしのう。


本当に放射能の危険性を浴びて暮らしてる人間のことを考えたら、東電は悪くないなんて言えるとは思えん。

直接悪くないとは言ってない見たいじゃが、これでは言ってるのと変わらん。

東電の訪問謝罪を門前払いしている市町村があるんじゃぞ。福島県民がどれほど怒り心頭なのか、少しは考えろ。

危険だといわれてる水を飲み、危険だと言われてる野菜を食わなければ、わしらは他に食うものが無いんじゃ。どのくらい流通が滞ってるのか分かっておるのか。

そしてここで働かねばわしらは生きていけないんじゃ。そう簡単に逃げられない。

こんな状況にしたのは紛れもなく、東京電力じゃ。さっさと要請を受けて廃炉覚悟で対処すれば良かったんじゃ。そうすればここまでの状況には成らなかったかもしれんのじゃぞ。

それもせずに真っ先に逃げた連中が、本当に許されるのか?

こんな状況下でも、わしらは平和に暮らせる明日を夢見て生活してるんじゃ。

放射能を怖がってただけでは、何にも成らん。怒りだって当然活力になる。

このコメントを出した奴。名前は「あ」になってた。それで既にふざけてるが、そんなに原発が壊れたのは地震のせいであって東電のせいではないと言い張るなら、怒りではなく助け合いをしろというのなら、今すぐわしらがどうすれば良いのか明確に書いてコメントして来い。

安易に「県から逃げればいい」なんて言ってきそうじゃが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1647-e40c842c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。