秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒いなー……早く気温上がらんかのう……
寒いのに弱い。寝起きも弱い。

つまり冬の朝はわしにとって究極の悪条件ということじゃな。本気できつい。

着膨れてる量、使用布団の枚数共に5枚。しかもほぼ厚手の物を使用。重くないのかとよく問われるが、重さは別に気にならないがまず寒いほうが辛い。冷え性っぽいので、手足などの末端機関が物凄く冷たい。

他の人の地肌に触れると悲鳴上がるしな。何でそんなに冷たいのか、と。体温上がらないんじゃから仕方ない。

んでもって寝起き2~3時間はエンジンがかからない。元々テンションは恐ろしく上がりづらいが(周りから見たこと無いと称される事も度々)、寝起き2時間は絶対に上がらない。

起床後1時間くらいは何も食べたくないほど食欲も沸かんしな。

起き掛けのわしはどこぞの幽鬼かと思うくらいの状態じゃろう。

基礎体温でも低いんじゃろうか。今度体温計でも使ってみよう。ってか体温計どこだ、ここ何年も見てないぞ。
の前にこの家に存在するんじゃろうか、体温計。誰も風邪ひかんからそれすら怪しい。



聞いてみたら一応あるらしい。現在は客間にあるんだとか。前に兄の娘が風邪引いたときに使ったのが最後だそうな。

どんだけ病気にならないんじゃろうか、この家族。


……取り敢えず、寒いな。

この家なんか知らんが、暖房器具を中々点けない。わしは自分用の小さなヒーターを部屋に居るときは、ほぼ抱えるくらいの距離で使ってるが(それしか熱源無いし)、茶の間だとコタツしか殆ど点けないんじゃよな。

家族がそろい、あまりにも寒いときにやっとストーブが点く。

そのため、部屋の中の温度は基本的に10度以下。というか5度前後で、当たり前の様に息が白い。

いや寒いよ。風が無いだけで外と同じくらい寒いってどういう事じゃろう。

まあ外は氷点下行ってることもあるので、外よりは暖かいんじゃろうが……


風呂はぬるま湯で半身浴が体に良い!

とかよくTVなどでやってるが、あんなの寒くて出来るか。ぬるま湯なんぞに入ったら、寒くて出て来れなくなるぞ。

40℃くらいでも、もう出て来れなくなる。

この季節は42℃は無いと風呂は無理じゃな。それでなくとも気温が低いので、物凄い勢いで温度が下がっていくのに。

今日も風呂入ったら、温度が結構下がっていたらしく中々出て来れなかった。風呂の火が点くのは30分周期なので、タイミングが悪かったらしい。

火が点くまで若干粘った。まあ手動で点ければ良いんじゃろうが。



この季節は本当につらいな。

出来ることなら、常に布団に包まっていたいもんじゃ。

冬になると、九州とか沖縄方面の人が羨ましく思う。暑いのは比較的得意じゃしなー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1597-d886830c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。