秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリンセスラバークリアー
短かったな。

実質2日くらいで、4キャラ全部終わった。

今回は絶対に無理だ……ってキャラが居なかったな。鳳条院 聖華ってキャラが比較的苦手かな、って程度じゃった。

まあ、あんまり良いシナリオでは無いなー。悪いって程悪くは無いが、感動するようなシーンはほぼ無い。

割と急展開も多かったしな。説明不足も多々あった。

色々と思惑もあるキャラも居たと思うに、特に無かったしな。

声優はいろいろと豪華(特に男キャラ)なので、所々吹いたのは大きかったが。主人公の祖父とか、シャルロットの父親とか。

一応ネタバレ含むので、以下より注意。とはいえまあ、2年前くらいの古いゲームじゃがな。


実際やってみるとわかるが、萌えゲーと思いきや比較的抜きゲー臭かった。完全に純愛物ではあるが、地味に人を選ぶ作品じゃな。

なにせ致してるシーン飛ばしまくってたら、あっさり終わったからなー。だからこんなに早く終わったんじゃし。

作品的なコンセプトは分からないでもないが、描写不足か。


まあ各キャラの感想でも書くか。

その前に軽くプリンセスラバーの説明。

今まで普通の一般人として生活していた主人公が、交通事故で両親を失う。そこに母方の祖父が訪れて、自分の跡を継げと引き取られ、一転して超セレブな生活になる。

というまあ、比較的分かりやすい内容じゃな。

割と多い設定じゃが、両親をなくしているのにあんまりその陰を出さない主人公はエロゲにおいては多いが、この主人公は若干引きずりながらも前向きに生きようとする姿があったのはそこそこ評価できた。

確かにヘタレ気味ではあるが、実際に自分がこの状況になったら圧倒されてなんもできんじゃろうな、という気もするしな。

さて、んじゃヒロインルート感想。
順番は、わしの攻略順。

メインヒロイン
シャルロット=ヘイゼルリンク

キャラ的には、天真爛漫で明るいお嬢様。一国の皇女様という、唯一主人公と釣り合わないほど位の高いキャラ。

まあメインヒロインであるが故に、絶対に欲しいシナリオだったと思う。

というのも、主人公の両親と同じ道を歩むシナリオじゃったからな。駆け落ちした主人公の母親を、最後まで認めてやれなかった主人公の祖父を救済するシナリオだった。

という見解が出来たしな。色々投げっぱな気がしないでも無いが、これも一つの答えなんじゃろうという物。


次。
鳳条院 聖華

主人公を嫌っている設定のキャラ。もし立場が少し違えば、全く接し方が変わったであろうキャラじゃな。存在自体は、主人公の立ち居地が万能では無いという事を示すためのキャラか。

んーまあ、内容的には無難な感じ。駆け落ちする気で家を出たけど、結局戻されましたという内容。というか、いざとなったら駆け落ちするしか無いのかこの主人公。

心意気はわからないでも無いが、ちとワンパターン臭いぞヲイ。


次。
藤倉 優

主人公御付のメイド。まあ攻略可能キャラの中で、唯一お嬢様ではないキャラクターじゃな。

内容的には鳳条院 聖華と同じ様な感じ。主人公が家を捨てる気でいたけど、最後は戻されましたという状態じゃからな。ライターよ、ワンパターンすぎるぞ。

まあもうちょっとこのキャラは主人公に寄り添っていても良い気がするが、完全にメイドさんやってるので常に数歩ほど下がっていたのがちとがっかりか。
個人的に盛り上がりに欠けた。


ラスト。
シルヴィア=ファン・ホッセン

どう見てもセイバーです、どうもありがとうございました。

……いや、まあな。見れば分かると思う。
とはいえ個人的には、金髪で長髪、レイピアってことでメロウを思い出したからこそ惹かれたのもあるが。

おそらく、ライターが一番力を入れたであろうヒロイン。

ついでに唯一誰からも反対されることの無いルートじゃったな。そもそもシルヴィアは、作中では殆ど発言されないんじゃが、主人公の許婚という設定らしいし。

内容的に一番スケールが大きくなり、重い話も絡んでいた。

まあそれでもあっさり終わったがな。



という事で、全体的な感想。

描写が少ない。

設定に書いて有るような描写を色々と期待していたが、ほっとんど無い。

いや良いよもうやってるシーンは、むしろデートシーンとかを増やせよ。

ついでに展開が速いので、ポカーンという状態も多々。

悪くは無いんじゃが、読み応えが足りぬ。

……PS2版も出てるみたいじゃし、そっちは描写増えてるみたいじゃから手でも出してみるかのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1544-e401bee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。