秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刀について
ようやく筋肉痛が抜けてきた。

1週間前くらいから、だいぶサボっていた素振りを始めたんじゃ。

久しぶりのお蔭で、次の日から両腕筋肉痛になって悲惨な目に遭ったな・・・

しかし、やはり木刀振り回すのは楽しい。
別に振り方の型がある訳ではなく、好き放題に振っているんじゃが、二刀流だと難しいな。

前にも少し言ったと思うが、剣というのは腕の力だけで振るうものでは無い。
足の運びや腰の置き方、体重移動が重要になる。これの1つでも崩れて振るうと、剣に振り回される結果になる。

まあわしが使っているのは木刀。当然竹刀よりは重いものの、真剣に比べれば軽い。
真剣ならば二刀流なぞ出来るものではないんじゃよな。二刀流の話は今日はしないでおこう。

時代劇では普通に帯刀しているが、生半可な事ではない。刀はとても重く、腰を鍛えてなければ立って歩くだけで相当辛い。
と言っても、わし自身現物を見たことはないんじゃが。

模造刀くらい欲しいのう・・・
居合い道でも習えば、真剣使わせてもらえるらしいが。
居合い道の達人とか凄いぞ。真剣を人の首筋に向けて振るい、寸止めが出来るらしいからな。

そういえばイラストを書いてもらった友人のH君が、筋肉痛云々の流れで刀の話を聞かせている内に、るろうに剣心の話になった。

薙のブログにもるろうに剣心の事が書いてあったのう。

あの物語に出てくる『逆刃刀』。これは実際物凄く使いにくい代物。
バランスが通常の刀とは違うので、扱いづらいのは言うまでも無い。

あの刀は人を斬る為の刀ではないという設定通り、人を斬るのには本当に向いていない。

そもそも刀の反りは、刀の性質上必須な物。
木刀でも分かるが、峰打ちは物凄く振りにくい。風の抵抗をとても受けるので、余計に力がかかるんじゃ。
刀は切り裂くための武器なので、反りが無いと振り切れない。その為、逆側に刃が付いている逆刃刀だと、相手を斬った際に剣先が引っかかって振りぬけず、下手をすれば逆に隙が出来る。

普通に峰打ちとして使うならば、さほど問題ないんじゃがな。
斬る為に振るうのと、峰打ちの振るい方は実際違う。

言葉で表すのは難しいが、斬るのと打つので違うのは分かるじゃろう。これは実際やってみないと良く分からん。

さて、次は剣と刀の違いでも語るか。

剣は西洋の剣。刀は日本独自の物。

色々比べるとしよう。

まず切れ味。
コレは圧倒的に刀が有利。
剣には『刃』という物がついている事自体少ない。剣の重さと、力で叩き切る様に扱う。
刀は鋭利な刃が付いているので、当てて引くだけで切れる。どれほど鋭いかと言うと、拳銃の弾丸を冗談抜きで一刀両断出来るほど。
因みによく時代劇で、「叩きっ切れ!」等と言っているが、実際刀では叩き切れないので注意。そんなことすれば刃こぼれする。

次に耐久度。
此方は剣が有利。
元々鋭利な刃が付いていないので、連続使用しても鈍磨することは少ない。幅も広く、乱雑に扱っても力押しでどうにかなる。
しかし刀は、細長いので折れ易く力押しでどうにかできるものではない。鋭利な刃なので、手入れをしなければ直ぐに切れなくなる。
刀の場合、使用しなくても半年に一度は手入れをしないと切れ味が悪くなるほど脆いんじゃよな。

Fateで、刀を使うアサシンと剣を使うセイバーが戦ったときに「力のセイバー、技のアサシン」という表現があった。

これはあながち間違いではない。
なにせ、剣と刀が真っ向からぶつかったら、どう考えても剣の方が強い。
しかしまあ、刀が剣を真っ二つに斬ってしまうという事も出来るが。

真っ向からぶつかれば剣に負ける刀は、受け流すのが基本。一撃の殺傷能力が高い刀は、一撃必殺が基本。耐久戦には向かない。
刀同士でもコレは同じ。

時代劇で刃と刃をぶつけてつばぜり合いをしているシーンは多いが、あんなのやる馬鹿普通居ないぞ・・・
つばぜり合いとは、本来刀の鍔(つば)をぶつけ合う事。刃同士でぶつければどう考えても刃こぼれする。
剣道を見ると分かる。
それに、刃と刃をぶつけてもつばぜり合いにはならんな。これもやってみると分かるが、滑って噛み合わない為あのような形には到底ならない。
ついでに言うが、剣道で強くても、竹刀と真剣では扱い異なるので真剣の決闘でも強いとは限らない。剣道は『斬る』のではなく『叩く』じゃからのう。素振りもそんな感じじゃし。
まあ素人相手に戦うなら言うまでもないが・・・・


因みにわしは剣より刀の方が好きじゃのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/151-a3a5a9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。