秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素顔の仮面 第2話『家出少年の行進』 24
寒いのう……

もう本気で冬になりつつあるよな。いやまあ、冬ならこんなもんでは済まぬが。

茶太郎なんか、ここ最近でなんかやたらモコモコしてきたぞ。そして茶の間に座ってると、誰かしらの足の上に乗ってくる。誰も居ないときは常に丸い。

それほどまでに寒いのか、猫よ。

さてさて、今日は小説更新。寒いから指も動きづらいのう。

んではいつもの前口上。
前回と今回の間に空行は無いので、そのまま繋がっていると思ってくれ。前回以上の第2話はカテゴリー内の「自作小説」に入ってある。
第1話以前は『その他作品へのリンク』の先にある『素顔の仮面』を参照。


公開終了。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1490-d6769f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。