秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギルドメンバー3人+野良1人
今サブのルコをうーたちと育てている。

ただまあ、基本PTは4人なんじゃが、こちらは3人しか居ないんじゃよ。

それで基本的に野良で補充することになるんじゃが。

んでもな、ギルドメンバー3人が居るところに野良が1人というのは、結構可哀相じゃぞ。

他3人は知り合いなのに、1人だけ違う人がいるという状況じゃからな。

あんまりこっちで会話を垂れ流しても、結構他の人は嫌がるんではなかろうかと。

とはいえ、裏の方では結構不平不満が横行してたりするがなー。

表では決して出来ん会話じゃ。



ただ今日は時間があまりないので、他メンバーが集まる前に個人でレベル上げをしようかと。

ということでPTを探すと、3人で待機しているところがあったので、そこへ潜入してくることに。


入ってみると、そこに居たのは。

同じギルド×3。

……うむ、普段わしらがやってる事じゃな。


自分たちでもやってるし、ここは諦めて普通に参加しようかと。


まあ普通に参加してたんじゃが、わしらと違うのは、このギルドPTチャットで会話するんじゃよ。

そうしたらいつの間にか、わしも加わって会話してたな。

何故に別ギルドの人たちと仲良くなっているのかと。

いや楽しかったがな。


というか、その中の2人は、何気に昼間PT組んだな……違うキャラで。

一人がPC事情でよく倒れたりしてたが、そこは愛嬌という感じじゃった。

まあこうしてわいわいやれれば楽しいな。

ふむ……こういうのが理想ではあるんじゃろうが……中々難しいな。


さてさて、そんでは仕事の時間なので行って来るか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1418-d844e0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。