秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
置き場がない!
『かあべぇそふとつぅ』からこの間発売されたゲームをやっていた。

まあメーカーがメーカーなので、例によってエロゲの類じゃ。

エロゲとはいえ、個人的にはサウンドノベルに近い感覚でやってるのはあるが。

これは出たばかりなので、特にコンシューマ化とかはされていないが、あっちは描写が大きく削られてよく分からないという場合もあるからのう。

それはさておき。

ゲームの内容は、宇宙製の巨大ロボットが空から降ってきて、置き場が無い! ってところから始まる。

とはいえ敵が居るわけでもなく、そもそも見た目はスーパー系ロボットだが能力は主に調査用というロボットだったりする。



このロボットは『ヤルセナイザー』と名付けられ、主人公たちは友人として受け入れていくことになる。といった感じか。

ヤルセナイザーは一切会話できないが、表情豊かな上にコミカルな性格なので、なんか一番癒されるキャラ。身長20メートルとかでかいんじゃがな。

OPテーマソングが、無駄に熱い。ニコニコとかで有名な『真っ赤な誓い』を歌っている『福山芳樹』という人が歌ってるからな。本当にやたら熱い。どこのスーパーロボットだとか言いたくなるくらいに。


さて、キャラ紹介。まあまだ1人キャラしかクリアしてないので、軽くじゃが。


主人公『天ノ川 星至(あまのがわ せいじ)』

基本は博愛主義者のヘタレ入った主人公。しかし責任感が強く、追い込まれたりやると決めた時の行動力は高い。

捨て犬や捨て猫をよく拾い、その飼い主を見つける為によく奔走する。巨大ロボットであるヤルセナイザーも同じ感覚で拾うほどおおらかな人物。

ついでに、こういうゲームの主人公らしく、やたらめたらにモテる。


第二の主人公『ヤルセナイザー』

調査任務を終え、自分の星に帰ろうとしていた時に隕石と衝突。探査とは一切関係ない地球へと不時着するも、機能の殆どが故障して動けなくなる。

長期調査用だけあって自己回復能力が備わっており、放っておいても数ヶ月で完全回復するらしい。

自己意識があるので自立行動が可能。そのため、基本的にパイロットは必要ない。

性格は非常に穏やかで、犬に吼えられただけでびっくりしたり、自分よりはるかに小さい人間に怒られるのを本気で怖がったりと、物凄く癒されるキャラ。

人々とのふれ合いを好み、周りの人たちに喜んでもらうのが好きという、心優しきスーパーロボット。こんなロボット居たら本気で欲しい。



メインヒロインの『シャノン』

ヤルセナイザーの対人インターフェイスで、ヤルセナイザーのことを兄と呼ぶ。取り合えず人間の姿をした生体コンピューター。

大きすぎる上に言葉が話せないヤルセナイザーに変わって、パイロットとの意思疎通を行うのが役割。

天真爛漫で非常にかわいらしいキャラ。人気投票でも常にトップだったほど。

確かに可愛い。真っ先にルートを読みたいと思うキャラじゃが、メインヒロインだけにこれを先にやってしまうと他のキャラルートに行く気力が沸かないので、極力後回しにする。

ルートシナリオも一番濃いみたいじゃしなー。



サブヒロイン『磯崎 恋歌(いそざき れんか)』

主人公の幼なじみで両家のお嬢様。といういかにもメインヒロインっぽい属性じゃが、メインでないのが何か悲しいな。因みに現状唯一クリアしたルート。

主人公には常に「男らしくなってくれ」と言っており、本人は非常にしっかりもの。ついでに攻撃力高し。

主人公と恋歌の親友である『三井 純友(みつい すみとも)』が暴走する時に鉄拳を食らわせるキャラじゃな。

因みに『三井 純友(みつい すみとも)』の説明をすると、こういうゲームではよくある、イケメンなのにモテない三枚目のキャラ。合コンのためには友人をも売り飛ばす欲望に忠実すぎるキャラ。

やってる事がやってる事なのでプレイヤー側からして見ても高感度は低いが、まあ見事なまでの汚れ役じゃのう。


サブヒロイン『牧島 天音(まきしま あまね)』

主人公たちが通う学校の現生徒会長。

主人公が中学時代の頃にも生徒会長であり、その当時は主人公が書記だったらしい。

ヤルセナイザーを欲しがり、それがあれば重機を借りなくても文化祭などの準備が楽に出来る。とかなんとかで、ヤルセナイザーを欲しがる。

まあ本人の内情は、主人公と係わり合いになりたいだけらしいが。イベント好きで、結構極端なことをやってのける。しかし、周りをしっかりと考慮しているので、本当に危険なことはやらかったりと一応常識人。次のルートはこのキャラをやろうと思っている。


サブヒロイン『栗林 鳩子(くりばやし はとこ)』

主人公たちが通う学校の科学教師。天才的な頭脳を持ち、6つの博士号を持つ。
20代前半の年齢らしいが、背が低く童顔な上に幼児体系で、科学の事以外は精神的にも本当に幼い。

早い話が、年上のロリキャラ。

ヤルセナイザーという他の星から来た科学の結晶を見て、当然ながら興味を示し、自分のものにしたいと行動する。

やってることは非常に凄いが、言ってる事は単なる我欲。

まあ正直言うと、このキャラのルートをやる気が一切沸かない。わしは本当にロリキャラが駄目じゃ。
性格も何か好きになれんし、このキャラのルートより、天音の姉であり鳩子の同級生だという『牧島 春菜(まきしま はるな)』というキャラルートの方が万倍欲しい。


主要キャラはこんなものか。


前記したとおり、まだ1キャラしか終ってない。ただし、鳩子ルートだけはどうしてもやる気が出ないので、飛ばすか放る可能性大。

まあシリアスな話というよりは、コメディ色が強いな。シャノンルートくらいにしか、シリアスというシリアスは無い様じゃし。

共通ルートはソコソコ長いが、個別ルートは短かったしな。

取り合えず、ヤルセナイザーとシャノンに癒されるゲームじゃ。


……ただのう。

人智を越えた能力を持つ巨人、それの対人インターフェイス、シャノンという名前。

この3つが、『スクラップドプリンセス』という小説を思い出して仕方ない。

人智を超えた能力を持つドラグーン、それの対人インターフェイス、シャノンというパイロット。

全部は同じじゃない。じゃが、似てる。

『置き場がない!』のシャノンは対人インターフェイスじゃが、『スクラップドプリンセス』のシャノンはパイロットの方じゃし。
因みにそっちの対人インターフェイス(というかドラグーンそのもの)の名前はゼフィリスじゃし。

『スクラップドプリンセス』のシャノンは格好良いぞ。刀使いじゃし、強いし。因みに男。


まあもしかしたら、そっちから名前取ってたりしてな。内容は全然違うのでどうでも良いんじゃが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1382-fe78f75a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。