秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今までソロ専だと……?
小説書いて更新しようと思ったんじゃが、あまりに寝不足が続いて頭が働かなかった。明日なんとか頑張って書いてみる……

どうにかして起きてられないかと、適当にタルタロスで、いつもの要塞防衛陣でイヤリング金策のためソロなどをしてたな。

そんな中、久しぶりにうーがINしてきたので、ルコにチェンジしてPTを組む。

それにしてもエルピントス多いなー、このレベル帯。

いや、40くらいでも多いからな。どれだけ皆必死でエルピントス育てようとしてるんじゃろうか。

わしはサブがまだまだレベル低いので、のんびり上げようと思っているが。

狩り終わった後、うーが眠くなったので仮眠をとると落ちる。


そんな中、広場で「どこかのギルドに入れてもらえませんか?」と広場の真ん中で、一般チャットでの発言している人が居た。

何の運命か、わしとりいたさんがその真横に立ってたんじゃよな。

そういう人って、結構皆嫌煙するんじゃよな。なんだろう、こいつ。見たいな感じで。

レベルを見ると、最大キャラが30じゃ。それほどベテランでは無さそうじゃな。

少し様子を見ていたが、誰も話しかけて無さそうなので、わしが直接その人にチャットを送って見る。

一般チャットで良いかと思ったんじゃが、横で上手い具合に業者が宣伝垂れ流してたからウザ過ぎて無理だったんじゃよな。

その業者が、美男子とかいう名前のバルマンだったのでいろんな意味で吹いたが。

話を聞くと、なんか本当に初心者の様な発言が多い。ついでにギルドに入る利点とかも特に分かって無さそうじゃった。

んー、まあ此処まで関わってから放っておくのも気が引けるし、悪い人では無さそうなので、わしらのギルドに加入させて見た。

取り合えずシナリオでの難所、三日月と要塞防衛陣をソロじゃどうしても無理だから手伝って欲しいということなので、わしとりいたさんで手伝うことに。

すると、なんとまあ結構変な行動をする。待ってればいいのに自分から動いてPT離脱してたり、出発の仕方が分からなかったり。

話を聞くと、殆どPTを組んだことが無いので勝手が全然分からんそうじゃ。

PTを組まずに自力で30まで上げるとか、ある意味凄すぎるぞ……

わしも無理じゃ。

装備もその辺で安く売ってる物を買っただけらしいが、上級者が捨て値で置いた物っぽくて、自分ではよく分かってなかったらしい。割と良い装備だったから、それなりに詳しいかと思ったんじゃがな。

……なんか色々と凄い人を拾った気がする。

まあ……なんじゃ、これからどうなるんだろうかこの人。

手伝いながら様子を見てようかと思うが、最後まで育ったら物凄い戦力になりそうじゃよな……
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1375-d5be001f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。