秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
池上彰さん著書『伝える力』
この間の休みに、本屋を歩き回っていた時の事なんじゃがな。とある本が目に入り、思わず購入してしまった。

活字に抵抗は無いので、それなりに興味があれば特に問題なく何の本でも読めるんじゃが、普段はわし大概ライトノベル程度しか読まん。

まあライトノベルも最近あんまり読まんが。

というか最近読んでないから、読んでる作品増減ってるんじゃよな。その内なんか漁ってくるか。

さてそれはさておき話を戻すが。

その目に入った本というのが、池上彰さん著作の『伝える力』という本だった訳じゃ。

池上彰さんとは、『週間こどもニュース』や『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』などで有名な人じゃな。
この人の解説は本当に分かりやすいので、かなり好きなんじゃよ。


ふと目に入ったので、立ち読みしてたんじゃがな。元々買うつもりなんぞ無かったが、読んでいるうちに引き込まれていき、いつの間にか財布を取り出してレジを通過していた。

800円はちと高いな、とは思ったんじゃが……内容を考えれば安いくらいじゃ。

この本に書かれていることは、タイトルの通りに『伝える力』のみ。

それが文章であれ、言葉であれ、相手に『伝える』為にはどうすれば良いのか。ということが書かれている。

本の厚さも薄く、量はそれほど多くない。しかし本の内容をよく読めば分かるが、余計な事を書いてないんじゃ。

簡単な例や多少説明は入るものの、分かりやすくかつ簡単に書かれている。

わしも一応物書きの真似事をやってるような方なので、この本は実に中身が充実していた。

難しい言葉を並べただけでは、自己満足に終わり相手には全然伝わらない。というのは、確かに思い知らされたな……


この本に書いてあるようなことを実践するのは、かなり難しいじゃろう。それに内容の大きい部分が、サラリーマン向けに書かれた内容だったりするからな。

とはいえ、こういうのは誰が読んでも良いものだと思う。かなりお勧めじゃ。

読んだからと言って直ぐに身になるとは限らんが、少し見方が変わった気がする。これから少し気をつけてみよう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1358-59bafc26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。