秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニーア
今日は、ってかここ数日何もやっとらんな。

タルタロスにも殆ど入ってない。今日に至っては全く入ってない。

適当にPC立ち上げて、だらだら見てたくらいか。


ニーアってゲームが最近気になってのう。その辺の記事とか読み漁ってたな。

PS3版の『ニーア レプリカント』、Xbox360版の『ニーア ゲシュタルト』じゃな。

レプリカントだと主人公が20代で、ヒロインとの関係が兄と妹。
ゲシュタルトだと主人公が40代で、ヒロインとの関係が父と娘。

内容は同じらしいが、書いたとおりに主人公の立ち居地が多少異なるので一部表現が違うみたいじゃな。


このゲーム、ドラッグオンドラグーンというゲームを作ったスタッフが作成し、世界観もほんの少しだけ繋がっているらしい。

ドラッグオンドラグーンは1と2両方やったしのう。

ダークファンタジーとしか言えない内容。多少グロい。わしでも何とかやってられるくらいなので、グロ度は低いが……まあ、グロ苦手な人には勧められんな。

というかドラッグオンドラグーンは、特に1はトラウマゲーとか鬱ゲーとしか言えない。

エンディングが5つあり、1つ目を見て軽く鬱になり、他4つのエンディングに救いを求めて進めるがバッド続きでどんどん鬱になり、高条件&高難易度かつ理不尽なラストステージをクリアしてなおバッドエンドという代物。

最終的に、一番最初のエンドが一番マシだった事に気付くゲームじゃったな……

まあそんなゲームなんじゃ。ドラゴンに乗って戦うや、豊富な武器に惹かれて手を出したのが悪かったな。

ゲーム自体は結構面白いが。

さてそおれはさておき、一応昔の自分が手を出したゲームなので、多少なりとも興味があるんじゃよ。

とはいえまた鬱ゲー臭いがな……同じスタッフじゃし、もうパッと見でダークファンタジーじゃからな。

1つくらいはバッド以外のエンディングがあればいいが。

このニーア、既に発売しているようじゃ。4/22じゃったかのう。

発売日翌日に、その存在に気付いた。

まあ、買おうかどうするか悩んでるところじゃな。買ったとしても、どっちを買おうかも悩むし。

全く同じなら360版なんじゃが……360版は英語ボイスの日本語字幕ってのがネック。PS3は普通に日本語。

てか360版は最早洋ゲーに見える。主人公はごっついおっさんじゃし。

取り敢えず様子見かのう。面白そうなら買おう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1333-ddb8b02d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。