秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は疲れた……
今日は仕事がな……

ラインが停止してるから、停止したときに行う作業をやるように言われていた。

それが3割くらい終えたところで、急遽ラインを動かせと上から指示が来る。しかし停止状態になっていたので、全然準備がされてない上に材料もないし、スイッチの類も入ってない場所もあったりする。

取り敢えず動かせるような状況にして、さて測定始めようかと思った矢先に、現在最初から動いているほうに行ってくれと言われる。

現在完全停止しているラインで、日勤が何かしらやりたいんじゃと、だから今までそのラインにいた人やらを4人ほど持っていったので人手不足になったそうじゃ。

今日はそれでなくても、入院1人、弔引き1人、どうせ止まってるからと休んで病院に行った1人と、合計3人も休みいる状態でじゃぞ。
1ライン止まってる状態とはいえ、これだけ人居ないのに人手寄越せとかいう日勤が意味分からん。

てか、殆ど点検作業らしいし、そんなの日勤だけでやれと。

そうしてわしが行った場所が、これまた酷くてな……

エラーは頻発、損品大量、交換物は今日一日持つような事書いてあったが途中で切れ、挙句の果てに前の2班に渡っての置き土産まであるしな。

どこまで酷いんじゃよ此処……

今まで止まってたからなんじゃが、いくらなんでも酷すぎる。

とどめとなったのが、後ろの工程の人が働かない事じゃな。

こっちはもう時間内に仕事が終るかどうか、ってくらい仕事が残ってるってのに、後ろの人間が全然自分のトコやらんもんじゃから、こっちが手伝う破目に。

だからと言ってこっちが忙しいから自分でやれ、みたなことを言うとこっちも忙しいとかほざく。

まあ確かに今後ろの工程は、一番忙しい状況に陥ってるのは分かる。

しかし。

その忙しい業務を行ってる人は、別な人じゃな。その人が忙しそうに作業してる中、他の数人はのんびり歩いてたり、奥の方で何かやってるくらいじゃな。

前は動いていても、後ろが止まってるので、製品を一旦出さねばならんのじゃよ。一杯になると警報が入るんじゃが、成りっぱなしだろうが何だろうが、絶対近寄ってこない。

全員女の人。男女差別とかじゃなく、今日居る女の人の中で、まともに働く人はたった1人しか元々居ない。4人中な。その働く人は、遠いラインをやってるのでこっちまでこれないじゃろうし。

1人は別のブロックから手伝いに来てる人なので、まだ全然分からないじゃろうから今日は良いとしよう。他の2人が絶望的じゃ。

片方が、以前行っていた通称巨人兵。「こっちも忙しいんですー」とか言うだけでまず手伝わない。少しでもやらなくて良いと思ったら最後、絶対手を出さない。

もう片方も似たような感じで、こっちはあんまり喋らんが、とにかく仕事が遅い。じゃから他のところになんか行かないし、手が空いてようが何だろうが来ない。エラーが入ってても、誰かが近くに居るとまず寄って来ない。

わしと隣の工程の人が、必死に動いてる中警報成っても放りっぱなし。わしのその人も殆どキレながらやってたな。

まあ皆「あの2人なら仕方ない」っていうレベルじゃからな……

本当仕方ないんじゃよ。言ったって聞かないから。

明日もこんな状況になりそうじゃから、本当勘弁して欲しい。

もう疲れたぞ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1306-0e18d94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。